バイオハザード:ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価 - 368ページ目

バイオハザード:ザ・ファイナル2016年製作の映画)

Resident Evil: The Final Chapter

上映日:2016年12月23日

製作国:

3.3

あらすじ

「48時間で人類は滅びる」とレッドクイーンに告げられるアリス。彼女の前に絶望的な数のアンデッドが現れ地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。アリスはすべての物語がはじまった地=ラクーンシティへ戻る。世界をアンデッド化してきた宿敵アンブレラ社との壮絶なラストバトル。人類の命運はアリスに託された―。 そして、ついに明かされるアリスの秘密―。

「バイオハザード:ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

キング

キングの感想・評価

2.9
とりあえず毎回鑑賞。
思えば長い道のりやったな。基本、1作目が1番よかった。ていうか、ちゃんとしてたわ。ギリ見れるんが2作目で、あとはぐちゃぐちゃやったしな。
とりあえずは今回でファイナルみたいなんで「ホッ」としています。
中身の話は一切なかったな、このレビュー
まめ

まめの感想・評価

5.0
上映初日に観賞。
あり得ないくらいアリスがかっこよくて素晴らしかった✨
ストーリーも納得の終わり方👍

にしても、くだらない邦画ばっか優先しないでもっと洋画を沢山上映して欲しい。
Aria

Ariaの感想・評価

3.5
これまでのシリーズは全て見ています。が、最初にこれまでのあらすじをアリスさんがざっくり説明してくれるのではじめての人でも見れる…かな??(笑)

肝心の中身はといいますと、ざっくり言えば、このバイオハザードがはじまった原因でもあるアンブレラ社、つまり本社の地下に行ってあることをしなければ人類は完全に消滅してしまう…ということ。逃れてきた場所にまた戻らなければいけない…。
これまでのシリーズを思い出す場所や仕掛けがあり、まさにファイナル。

個人的にはバイオらしい展開、演出という感じです。バイオはゲーム自体も好きなので、私としては想像通りの終わり方。真新しさを期待している方には物足りないかもしれません。


ところでクリスとレオンは?(^^)

このレビューはネタバレを含みます

アリスがクローンだったのは驚き!
ローラは出てたけど。結構早く死んじゃった。w
カプコンの大ヒットゲームソフトを原案に実写映画化されて2002年からスタートしたシリーズも、最終章である本作で完結。
この最終章は“原点帰り”の物語。
物語は全ての元凶であるT‐ウイルスを生み出した大手製薬会社アンブレラ社のあるラクーンシティを舞台に、アクションてんこ盛りの“最終決戦”が怒涛の如く繰り広げられる。
“最終決戦”のアリスには蟻のように群がるアンデッドや、ケルベロスをはじめとした生物兵器としてのモンスター、そしてアンブレラ社の刺客たちが次々と襲い掛かってくる。
本作で描かれるアリスの最後のミッションは、人類滅亡まで48時間と迫った世界を救う為、アンブレラ社地下施設のハイブから“ある物”を奪取すること。
雨後の筍のような敵を薙ぎ倒し、トラップに次ぐトラップを掻い潜ってミッションを完遂しようと奮闘するアリス。
そんなアリスに助太刀する面々が今回も登場する。
ゲームでもお馴染みで、シリーズ4作目以来となるクレア、先日開催されたワールドプレミアで登壇して話題となったローラが演じるコバルトを含む戦士たちが彼女のミッションを強力にアシストする。
厳重警護で鉄壁な要塞のようなアンブレラ社の施設で待ち受ける、シリーズファンにはこれまたお馴染みの強敵たち。
アリス役のミラ・ジョヴォヴィッチはシリーズ最高難度のアクションや、骨が軋むような肉弾戦で死闘を演じていく。
そして本作では手に汗握るアクションだけでなく、過去のシリーズ5作で出てきた様々な疑問に答えていく。
そもそもT‐ウイルスとは何なのか?
何故アンブレラ社はこの殺人ウイルスを拡散させたのか?
アンブレラ社の頭脳であるレッドクイーンの正体は?
そして根本的な疑問、アリスとは一体何者なのか?
これらの疑問が、本作の後半から終盤にかけて紐解かれて圧巻!
アリスとラスボスとの決戦を大きな山場として描かれる最終章は、14年という長きに亘るシリーズファン、アリスファンにとって感慨深く、一抹の寂しさを覚えます。

このレビューはネタバレを含みます

アリスがクローンでゾンビだけが空気感染の薬で全員死ぬいうピンとこない終わり方でした

面白かったけど、格闘シーンはかなりブレブレしすぎててみづらいし誰が死んだかもあり理解出来なかった…

このレビューはネタバレを含みます


シリーズ最終章にふさわしい清々しい終わり方でした!

オリジナルアリスもクローンだったという設定がすごくよかったと思います。
アリシアから子供時代の記憶をもらったところでは感動しました。

ローラあっさりいきます。
ゾノ

ゾノの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前作で登場したレオンとエイダが出ないとういうことで、そこが1番の不満だったが、107分という時間でまとめるにはそれがベストだったのではないかと今では思う。登場人物を絞り、あくまで「アリスの物語」として出来上がっており、そこは良かった。しかし、ラストにしては少し味気ない感じもしたのでそこは残念だった。日本で大きく注目されていたローラ演じるコバルトだが、序盤であっけなく死んでしまう。しかしそこは評価できるポイントだと私は思う。悪目立ちすることなく、バイオハザードのキャラの1人として馴染んでいたので、序盤で死なせたのは正解だった。
ゾンビアクション映画の完結編

シリーズ6作目ですが、はじめの2作くらいしか見てないので、もう完全に世界が滅んでて一体なにと戦っているんだ状態で観始めました

最終作品だけあってもう動きの鈍いただのゾンビが出てこず、一体で強力なのか、師団が作れそうな大量の走れるゾンビしか出てこないインフレ状態
しかも序盤から最後まで対ゾンビより対人格闘の方が多いので、最早ただのアクション映画

車上の対人格闘はよさげなのに、カメラがやたら切り替わる上に固定ショットじゃないので何が起きているか非常にわかりづらい

あとあいつはクローンだったから実は死んでないというのはもう禁じ手にしてほしい

ナイフしまうところとか、まとめて汚物消毒とかはよかったです

パンフは720円
(他に特装版とかデラックス版とかありましたがさすがに)
映画雑誌、数年前までは「スクリーン」をはじめ「ムービースター」や「ロードショー」などを毎月購読していたが、最近では「スクリーン」一本にし、しかも12月号と1月号のみとしている。
12月号では、1年を通じた話題作品の特集が見られるし、
1月号は、新年の映画界の展望の紹介が楽しみだ。
そして、何といっても 『スター&監督大名鑑』 を付録につけていることだ。
もちろんNET情報は重宝しているが、
年の瀬に炬燵に入りながらこれら印刷物をじっくりと眺めるのも、また、いいものである。
まさしく至福の時である。
ところで、今、もっぱら雑誌を賑わしているのは、
『スターウォーズ:ローグ・ワン』 と 『バイオハザード:ザ・ファイナル』 である。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』 は、早速、日本先行公開初日の今日12月23日に観てきました。
3Dスクリーンの配給はあるも、当映画館、案の定日本語吹き替えのみ。
仕方なく字幕2Dで観る。
さすがに、3Dの隣のスクリーンで寂しく見るのは避け、早朝一番を選ぶ。
それでも、50人以上は来てるね。
2012年の 『バイオハザード5』 から4年、待つこと長かったですね。


パニックサバイバルホラーアクション映画の傑作 『バイオハザード』 シリーズは全6作ある。       [BH1.2.3.4.5.6と表示]


BH1 :原題 『レジデント・イービル』 : 敢て、邦訳すると『邪悪な居住者』よりも『生ける屍』の方が判りやすいかも。 【4.0】
BH2 : 『レジデント・イービル』 ≪アポカリプス≫ : ≪黙示録≫よりも≪大惨事≫が分かりいい   【3.8】
BH3 : 『レジデント・イービル』 ≪イクスティンクション≫ : ≪絶滅≫  【3.7】
BH4(3D) : 『レジデント・イービル』 ≪アフターライフ≫ :  ≪余命≫  【4.0】
  *:冒頭の東京渋谷交差点のシーンが注目を浴びた。
BH5(3D) : 『レジデント・イービル』 ≪リトリビューション≫ : ≪報復≫   【3.7】
BH6(3D) : 『レジデント・イービル』 ≪ザ・ファイナル・チャプター≫ : ≪終局≫   [今回]

カプコン社のホラーゲーム 『バイオハザード』 を原案に映画化した 『バイオハザード』 が2002年に公開になって14年経つが、その人気は衰えを知らずバイオファンを増殖し続ける。
その魅力は何処から生まれているのか。
それは、このシリーズの監督・脚本・制作をすべて牛耳っているポール・W・S・アンダーソン(以下、WS・アンダーソン)とその奥さんミラ・ジョヴォヴィッチ=アンダーソン(以下、ミラ)の普遍のタッグにある。
ミラは1975年旧ソ連ウクライナのキエフに生まれ、その後ロンドン、モスクワを経て5歳で米ロサンゼルスに移住する。
11歳からモデルとして活躍し、ファッション界や化粧品のイメージモデルとして注目を集めた。
13歳でスクリーンデビューし、22歳で 『フィフス・エレメント』 のヒロインに抜擢される。
その時の監督であったリュック・ベッソンと結婚するが2年後に離婚。
27歳に 『バイオハザード』 と出会い、そのシリーズが彼女の代表作となり映画界に女優として不動の地位を築いた。
2009年34歳の時、その監督であるWS・アンダーソン(英ニューカッスル生まれ、ミラの10歳上)と結婚、バイオシリーズの強力なタッグがこうして生まれた訳である。


さて、本作のBH6≪ザ・ファイナル≫。
息つきさせないノンストップアクション。
今までのシリーズの迫力をさらに上回る超弩級アクションといえる。
107分があっという間に終わる。
今迄のシリーズはアンデッド(=ゾンビ)との戦いを主としていたのに対し
今回はそれ以上に宿敵アンブレラ社との戦いにウエイトを置いた作品となっている。
そして、今回のキャスティングは絞り込まれたものとなっている。
いままで、入れ代わり立ち代わり出していた継続キャストを
ヒロインのアリス(ミラ)の他は、BH3・4で活躍のクレア(アリー・ラーター)のみとし、
男優は、アンブレラ社の開発担当博士アイザックス(イーアン・グレン)と
同社元幹部ウェスカー(ショーン・ロバーツ)の2人だけとしている。
このことは、アリスのほぼオールラウンドアクション、独り舞台の大活躍を
際立たせるのに効果的な演出手法と言ってよい。
新しくは、いづれも戦闘員でオーエン・マッケン、イ・ジュンギ、ルビー・ローズなどを配している。
特に、日本から女戦闘員コバルト役のローラが抜擢されており、観客動員に貢献している。
ミラと似た経歴を持つローラは、バラエティータレントとして見せている容姿からは一変して引き締まり、このシリーズ映画に出てきている女優陣に引けを取らぬ違和感のない雰囲気を出している。
唯一のセリフ「ウァッ・ウィー・ゴナ・ドゥー」(どうすりゃいいの)もしっかりと言えていた。
最先端人工知能レッド・クイーン役のエバー・ジョヴォヴィッチ=アンダーソンは名前通りミラの長女であり、監督・女優親子3人の合体作品となっている。
シリーズの以前のものと較べしっかりした表情・言葉つきと成って来ている。

この作品、≪The final Chapter≫ の副題付きの通り最終章となるわけであるが、
どうも、終わり方が、続編があってもおかしくないような、微妙!
さらに、エンディングロールがすべて終わって一旦画面が暗くなってから、
レッド・クイーンのセリフが出る。“All're going to die down here” (みんなここで死ぬのよ)
これも、微妙?

今年41歳のミラ、本当にお疲れ様と言いたい。
14年間以上の長きに亘って良く頑張った。 
ゆっくりと身体を休ませてと言いたいが、
また、次の作品が待っている。 “Future World” (2017公開)

これから、観に行かれる方、バイオハザードシリーズをもう一度
蘇らせていってください。
ハラハラドキドキ!是非楽しんできてください。  【4.3】