chiyo

(秘)色情めす市場のchiyoのレビュー・感想・評価

(秘)色情めす市場(1974年製作の映画)
4.0
色々な液体が混ざり合った臭い、肌に纏わりつく蒸した空気が、画面を通してこちらにも伝わってきそう。そんな中で描かれる、売春婦トメとドヤ街に暮らす人たちの物語。その設定からは絶望に塗れた映画に思えるけれど、トメと彼女の母親のやり取りを始め、どこかコミカルな描写が多々。何よりも、トメのあっけらかんとした性格が、憂いてもいいはずの境遇を明るく見せている。そして、今でも足を踏み入れ難い地域をゲリラ撮影しただけあって、他の映画では見られないリアルさがそこここに。また、一拍の間を置いて見せるガス爆発、ダッチワイフを抱えて歩く青年等、シュールな描写も多くポルノ映画と雖も侮れない。個人的に、トメの弟・実夫が鶏を連れて歩くシーンが、妙に物悲しくて印象的。ちなみに、エロはトメ演じる芹明香よりも、文江演じる宮下順子がメイン。嫌悪が恍惚に変わる瞬間の彼女の表情といったら!