とし

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章のとしのレビュー・感想・評価

3.0
元々はオリジナルビデオアニメから始まり、テレビアニメ化・漫画化された作品の続編ですね。実写化されたと聞き、動くイングラム(警察の汎用多足歩行型作業機械・レイバー…要はロボットの事ですね)見たさにいつか観よう思っていたのですが…ようやく観れました。だってゲオで、55円でレンタル出来たんですもん(笑)。

全く情報を得てなかったので、登場人物が第三世代だと知りビックリしました。そー言えばタイトルに、ネクストジェネレーションって書いてありますな。情報を得るとか言う以前の問題か…。エピソード0と1が収録されていました。以下、その感想です。

エピソード0 栄光の特車ニ課
整備班長シバシゲオが語る、特車二課のその後。15分なので、あっという間です。まぁ、この内容なら長い方かも…。

エピソード1 三代目出動せよ!
殆ど活躍する事が無くなってしまった特車ニ課の、日常を描いています。ダラダラと過ごす内容は、楽しめる人と楽しめ無い人がハッキリと分かれそうですねぇ。しかし、プライベート時間がほぼ0とか、とんだブラック企業(企業じゃ無いけど)ですな。あれだけの装備を整備するのには明らかに多過ぎる整備班の人を削って、隊員の数を増やせば良いのに…。もしくは、とっとと解散(笑)。

後半、少しだけ動く、映画のウリであるイングラム。動かせばCGに金が掛かるのは分かるんだけど、もうちょい活躍して欲しかったなぁ。それでも、出動準備シーンは観ていてワクワクします。…だけど、あんなに時間掛かっていたら、犯罪者逃げちゃいませんか?もう、最初からイングラムを車に寝かせた状態で待機しちゃ、ダメなんですか(笑)?