のら

ブルックリンの恋人たちののらのレビュー・感想・評価

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)
3.3
出会うはずのなかったミュージシャンとの七日間のラブストーリー。

最近の音楽がテーマの映画だと、はじまりのうたや君が生きた証を思い出した。
アン・ハサウェイのラブストーリー!って思って観るとがっかりすかも。甘さ控えめ。
昏睡状態になった弟とのことを描きたかったのか、恋愛を描きたかったのか、主題がはっきりせず、ふわふわしてて物足りなさを感じた。
最初このミュージシャン雰囲気イケメンだなとか思ってたけど(…)だんだんかっこよく見えてきた。
音楽が好みだと結構点数甘くなっちゃう。
こういう雰囲気映画的な映画好きだけど、あまりに雰囲気すぎたので勿体無かったかな。