ブルックリンの恋人たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブルックリンの恋人たち」に投稿された感想・評価

Maki

Makiの感想・評価

-
記録

なんか、ちょっと、あっけない感じ
音楽が好みではなかったのもあり
物足りなく感じてしまった
Natu

Natuの感想・評価

3.0
アンハサウェイ綺麗過ぎる

それに尽きる

と、いうよりやまなしおちなし・・・
って感じであんまり盛り上がりどころが無く・・・
途中途中飽きてしまう・・・

このレビューはネタバレを含みます

弟ヘンリーが交通事故により、昏睡状態に陥っているというのだ。急遽フラニーは、故郷ニューヨークブルックリンへと戻り、家族と再会するのだった。その後、弟の部屋でフラニーは、彼が憧れていたミュージシャンのジェイムズのライブチケットを見つける。弟の代わりにライブへと足を運んだフラニーはジェイムズの歌に感動し、ライブが終わった後に彼に声をかける。そして自分の弟がジェイムズの大ファンだということや、その弟が現在事故で昏睡状態だということを彼に伝えるのだった。
popcorn

popcornの感想・評価

3.8
キレイ
本日2本目の映画
「ものたりない!」って言葉がエンドロールの時に浮かんだ。どのシーンにでも言える物足りなさ。終わり方も、ここで?って感じでビターだったなあ。
好きな人は好きなんだろうけどね、好みが分かれそう。ブルックリンの夜景とアコギが鳴る音楽の静けさはやけにロマンチックで、素敵だった。大人の恋愛映画だね。このサラッと後味悪くない終わり方も新鮮だったし、嫌いじゃなかったんだよね。ロマンチックで素敵だった。ただ私はもっと甘いのがいい、なんて思っちゃった。
特に響くものはなかった
俺はちゃんと見ようとしたけど好みではなかった
yy22

yy22の感想・評価

-
2020.1.7 BS200
製作・主演:アン・ハサウェイ/ニューヨークを舞台に、昏睡状態に陥った弟の回復を祈るヒロインが、弟が憧れていたミュージシャンと恋に落ちていく。このミュージシャン役を、実際に音楽活動も行なっているジョニー・フリンが好演。大学を辞めて音楽の道を選んだ弟を理解しようとしなかったヒロインが、彼の歩んだ道をたどりながら、その心に寄り添っていく丁寧な描写が印象的なラブストーリー。
フラニーは弟の事故をきっかけに久しぶりに家族と再会する。

フラニー・エリス (アン・ハサウェイ)仕事で家族とは疎遠気味だった。モロッコで人類学の博士号を取得するために研究をしている。

カレン・エリス (メアリー・スティーンバージェン)フラニーとヘンリーの母親。

ジェイムズ・フォレスター (ジョニー・フリン)ヘンリーの憧れのミュージシャン。

ヘンリー・エリス ( ベン・ローゼンフィールド)フラニーの弟で路上で歌っている。

音楽、恋愛、オシャレ系が好きな方は好きなのかもって作品。

YouTube、沢山のミュージシャン、ハーフバースデー、ロシア語、CDウォークマンも印象的。

弟が好きな事とかを巡ったって弟がどうこうなる訳でもないしね、まぁ知るって意味ではいいけど。だからこその恋愛できちゃったみたいな感じ。スピード展開に私は、えー!ってなりましたけど。

アンハサウェイはロングのイメージ強かったけどショートカットもとっても似合うんだなぁと思った。そんな彼女の歌声も聞ける。

ジェイムズは絶対ファンとかもいる訳だしモテるでしょ!って思ったけど全然チャラついた感じが無いしアナログな所も良い。どんな大変な時でも結局、惹かれる気持ちにはかなわないのかなって思ったからこそ終わり方の冷静さがいいんだか悪いんだか…。

これが正解なのかも分からんしハッピー!って感じの映画では無いけど好きな人は好きなんじゃないかな。

ジョニーフリンって方が俳優でもありミュージシャンでもある方のようなのでバイオリンやギターを使い歌うのがとても良い雰囲気です。

お母さん役の方はバックトゥザ・フューチャーⅢのあの人でした。
かつら

かつらの感想・評価

3.0
勝手にもっと楽しくて幸せな感じかと思ってた
なんだこれ、切ない、、、

アンハサウェイめっちゃ綺麗
相手役のジョニーフリンもかっこいい!
声もよき!
key

keyの感想・評価

3.8
何とも言えない、切ない感じのお話。
こういう感じの映画好きです!
>|