ハーフネルソンの作品情報・感想・評価

ハーフネルソン2006年製作の映画)

Half Nelson

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:106分

3.5

あらすじ

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような…

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような劣悪な環境で母親と二人で暮らしている。そんな彼女を何とかして救おうとするダンと、彼の秘密を知っているドレイ。二人の間に不思議な友情が芽生え始めるのだが-。

「ハーフネルソン」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.5
ダメダメのライアン・ゴズリング、
いい表情するな、、
Anna

Annaの感想・評価

3.4
ララランドのおかげか、10年越しにレンタル開始!

華奢なゴズリン。
mktknk

mktknkの感想・評価

4.0
観終わって私も髭を剃りました。
公開してから日本に来るまで10年かかってますね。ララランドが大ヒットで、慌てて輸入したんだね。
いいぞー。タイムカプセルみたいだ

ゴズリングをヘラヘラグズグズ薬漬け。目をこすったりしぱしぱしたり、近寄ってきては突き放したり、女の子連れ込んでランチキ騒ぎのほっとけない系の隙だらけ男子、挙句エプロン着せたりさぁ、シャツの襟で口拭いたり、もー彼の魅力を贅沢使いで大満足です。
ゴズリング好きでコレ見ないは、ない。
でも、ニヤニヤチョイ悪系アンソニーマッキーとどっち選ぶ?って言われたら、選べないよなぁ!!

とか性癖でキャッキャ言ってるけど、真面目なヒューマンドラマです
楽しい言葉で授業ができる先生にも、説明できない自分のこと。

「俺たちは機械と相反するが、ひとつでもある」
お互い人には言えない秘密があって、それはもちろんイヤなこと。
そのおかげでこの関係は始まったので、それはもちろんよかったこと。

男と女で、白人と黒人で、先生と生徒で、大人と子供。
そして中毒者と密売人。
真逆の関係だったことで、もちろん悪いこともあったし、周りの人にも不思議がられた。

でも先生の言うとおり、陰陽関係は表裏一体で、真逆だけれども遠くない。
教えられる立場だった生徒が、先生を介抱してあげる側になったのが「マイノリティ側の立場逆転の瞬間」で、そこが彼らの歴史の転換点だった。
「昼の顔」と「夜の顔」のどちらも先生だと、彼女だけが受け入れた。

そういう解釈でいいんですかね。
どうですか?ゴズリング先生?

あーダメだ。
ラリってらっしゃるね。
残念ながら
ぼくもスゴい眠いなかで見たので、イヤなんか見当違いなこと言ってるよきみ、って思ったら教えて

グラントリノやレオンにも似て非なる大人と子供、確実なのは見ててニヤニヤするのです。
いずれ子供が大人になったとき、その未来を考えると捗りますね。成長するにつれて思い出になってく記憶と、同じバランスで居られるのだろうか?(作品からそれてきた)

ちなみに「ハーフネルソン」っていうのは、このヤク中ゴズリングの名前ではなく、じわじわキメられてオチるプロレス技だそうです。

こんだけ真面目な内容が詰まってるのにさ、パッケージ裏に一番デッカく書いてる文が「日本中のゴズリングファンよ、集え!!」なのヤバイでしょ
日本のゴズリングファンどんだけショボくれゴズリング好きなんだよな。

私もだけども
熱海

熱海の感想・評価

3.4
昼間のライアンゴズリング かっこよすぎ、あと演技が上手だなぁと思いました。
Ponki

Ponkiの感想・評価

4.0
途中まで、なんて寂しい話なんだ、と思ってたら終わり方が良かった。

ジャンレノの『レオン』はマイベストムービーのひとつだが、本作で「逆レオン」というワードを思い付いた。

若い頃のライゴズもまた良い。

今ほど筋骨隆々でなく、少し頼りなく、ちょうど『フライド・ドラゴンフィッシュ』の頃の浅野忠信を彷彿とさせる佇まい。

いー役者だぜ。
薬物に溺れた歴史教師役をゴズリングが好演。ドライブでは爪楊枝、本作ではロリポップと小道具使いもcool‼︎

トイレに隠れドラッグ三昧を教え子の女子学生に発見されてしまう。微妙な関係が続く中、二人の間に友情染みた感情が生まれてくる。

10年以上前の作品でアカデミー主演男優賞ノミネートされていたとは知らなかった。

もともと目元はトロンとした表情だが、クスリ漬けの本作は完全に目がイッちゃってました。彼の影ある役は十八番だな。

⭐️教訓⭐️薬物。ダメ。ゼッタイ。
きよ

きよの感想・評価

2.5
昼はカリスマ教師、夜は薬物中毒者、という煽りに惹かれて借りてみた。
ライアン・ゴズリングの身体から溢れ出す疲労感にただただ圧倒される、というか、当てられる映画である。恐ろしくしんどい。
さて、ところで彼の教育シーンのどこがカリスマ素質を有していたのであろう……プレゼン的展開のうまさ……?でも子供は寝てたりするんだよなぁ。
しっぽ

しっぽの感想・評価

3.6
良い教師なのにドラッグ中毒という役にライアン・ゴズリングがいい感じにはまっていた。なんか気だるい感じが良いわ〜
ずっと見てられる。
10年以上前の作品だけど演技うまい。
minacco

minaccoの感想・評価

3.3
とりあえず、ライアンゴズリングを楽しむ作品。
教師のくせにラリってる感じ、とっても似合う。
ちゃんと教師っぽいこともしたいんだけど、堕落していってしまう…葛藤している表情がたまらない。
好きです。
>|