ハーフネルソンの作品情報・感想・評価

ハーフネルソン2006年製作の映画)

Half Nelson

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:106分

3.5

あらすじ

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような…

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような劣悪な環境で母親と二人で暮らしている。そんな彼女を何とかして救おうとするダンと、彼の秘密を知っているドレイ。二人の間に不思議な友情が芽生え始めるのだが-。

「ハーフネルソン」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.5
ダメダメのライアン・ゴズリング、
いい表情するな、、
tagomago

tagomagoの感想・評価

3.7
ライアン・ゴズリングが演技派俳優として認められる転換期になったと分かる作品。薬物中毒で人間の弱さが次第に滲み出てくる演技は彼の真骨頂ともいえる。当時のアカデミー主演男優賞にノミネートされたのも納得。やけに鼻を手で拭う姿は薬物中毒者のそれなのでしょう。

強烈なフックがあるわけではないが女子生徒のドレイとの奇妙な友情を育んでいく過程が壊れやすそうでドキドキしました。

うまくいくこともあればうまくいかないときもある。お互いに希望の兆しを感じさせるラストはグッときました。
サバ

サバの感想・評価

3.1
ライアンゴブリンズの顔を見てるだけでいい。

立場は違うが孤独という共通点のある、先生と生徒。
助けてあげなくてはいけない立場の先生が、逆に助けられている。

ゴブリンズの目がいいんだなぁ。
PG12

PG12の感想・評価

-
劇場やってるの気づかなくて、ゴズリングファンとして集えなかったことにマジで後悔。今までのゴズリングと比べるとだいぶ普通の(ダメな)人だった。
助けてやりたいと思う方が助けてもらわなきゃいけない。
立場が違いすぎる寄る辺ない二人の関係を、見守らずにはいられない。

塚口サンサン劇場:1週間限定上映
ブルックリンの中学校で歴史を教えている教師ダンは、型破りな授業で生徒たちから人気を集めている。
しかし私生活では、ドラッグ中毒から抜け出せず苦悩する日々を送っていた。
ある日、ダンはドラッグを使用しているところを教え子の少女ドレイに見られてしまう。それ以来、ダンとドレイの間には不思議な友情が芽生えはじめる。
だがドレイは、ドラッグディーラーが身近にいる環境で生活しており、薬物を売った兄は刑務所に入っていた。
ダンは秘密を知られながらも、何とかしてドレイを救おうとするが、、。


お互い孤独だった二人が秘密を共有するようになり、教師と生徒という関係を超えた友情が芽生える。
ところがダンがどんどん麻薬にのめり込んでいくと同時に、ドレイもまた悪い大人に言われるがままにドラッグディーラーの仕事に手を染めていくようになり、二人は麻薬使用者と売人という悲劇をたどっていく。大人のリアルな現実を描いていた。

そしてゴズのダメ男役は最高。
この手の作品を見る度に、ベトナムから無事帰国したのに父親との些細な口論のあと、2階からジャンプした先輩を思い出す

昔、黒人スラムで同じ様な環境に身を置いたオイラゎダンの様な白人もドレイの様な少女も沢山みてきたし、彼等の多様な未来も知っている

ある種のPTSDを内包する精神ゎ多民族国家の宿命かも知れないが、今のアメリカにゎ今作の様な希望の持てる未来ゎ見えてこない

皮肉にも今作ゎそんな国への問題提起にもなっているようだ...

(ーー;)
まゆ

まゆの感想・評価

4.3
こんなにダメでクズな役なのにどうしてこんなにかっこいいんだろう(ため息)
なんでそんな可愛いエプロンするんだ(*´д`*)
内容的には闇や孤独で溢れてるのに時々ほっこり、後味も悪くないいい映画でした。
SOR

SORの感想・評価

4.0
記録
>|