ハーフネルソンの作品情報・感想・評価

ハーフネルソン2006年製作の映画)

Half Nelson

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:106分

3.5

あらすじ

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような…

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような劣悪な環境で母親と二人で暮らしている。そんな彼女を何とかして救おうとするダンと、彼の秘密を知っているドレイ。二人の間に不思議な友情が芽生え始めるのだが-。

「ハーフネルソン」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.8
型外れな授業で生徒達から人気なゴズリング先生。しかし彼は、学校でも耐えられない程のドラック中毒者。ある日、その姿を女子生徒の一人に見られてしまう。
少しずつ心を打ち明けあっていく。が、着実に泥沼に沈んでいく姿。迎える澱の解放。カタルシス。
りこ

りこの感想・評価

3.8
ドラッグ中毒者の教師ダンとドラッグディーラーが身近に居る環境で育つ生徒ドレイの奇妙な友情関係を描いた作品。
これはライアン・ゴズリングハマり役だと思います。生徒に接している時の教師の顔も、ドラッグに溺れてるダメ男の顔もどちらも素敵でした。
ライアン・ゴズリングの表情が好きなんですが、元カノと再会した時の壁に寄りかかってるシーンと、終盤のダンとドレイがある場所で会うシーンの表情が特に好きです。後者はインパクトの強いシーンで、少し前にレンタルしてみた作品なんですが、もう一度みたくなって今回再レンタルしてきました。
ゆったりした展開で進むので退屈に感じるかもしれないけど、抜け出せそうで抜け出せない二人の姿がじわじわきます。
ラストの二人は今後どうなるのかわかりませんが、希望のある終わり方だと思います。
初めから終わりまで、ライアン·ゴズリングがラリってて、更正もしなさそうで、何が言いたかったんだろこの映画って感じ。残念
疲れた心を持て余している、そんな演技が本当にうまいなと釘付けになりました。

虚ろな目で、生きているにもかかわらず、目も心も死んでしまっている。
生きることを放棄したのかと思っていれば、実は薬物中毒。

そんな中で触れ合い…

この作品、10年以上前なのに、少し前に見た「ムーンライト」「スィート17モンスター」に共通する、ああ、こんなシーンあるな…と。
アメリカの普遍的な姿でもあるのかなと。

それだけ薬物や恵まれない生活を送る子供が多いということなのでしょう。そして、日本とは違う教師の姿。

切ない。
Ray

Rayの感想・評価

3.4
コズリングの省エネ感が役に合っていて自然な演技だった。
本当にドラッグは始めたら終わりですね。

このレビューはネタバレを含みます

こんなにボロボロダメダメなゴズリング初めてかもしれない。
言葉が少なく映像きれい音楽センスよい。
麻薬社会の良くある設定だけど、少女(ちょっと大人び過ぎてる気もする)の友情魂?恋心?に心がポカッと。
たぶん輸入盤DVDで英語字幕でみたのが最初だったような

ララランド効果で字幕つきでやっと。

ライアンゴズリングの魅力はやっぱりイケメンなんだけど、どうみてもボンクラにしか見えない表情だなぁと、あと哀愁を感じる背中。
この映画はまさにその魅力がいかんなく発揮されてるなと。

それにBroken Social Sceneの音楽がまぁぴったりで。
石油王

石油王の感想・評価

3.8
やはりゴズリングの演技力は素晴らしい…。
WSW

WSWの感想・評価

-
ゴズリン史上No.2のかっこよさ。
>|