ハーフネルソンの作品情報・感想・評価

ハーフネルソン2006年製作の映画)

Half Nelson

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:106分

3.5

あらすじ

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような…

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような劣悪な環境で母親と二人で暮らしている。そんな彼女を何とかして救おうとするダンと、彼の秘密を知っているドレイ。二人の間に不思議な友情が芽生え始めるのだが-。

「ハーフネルソン」に投稿された感想・評価

薬物に溺れた歴史教師役をゴズリングが好演。ドライブでは爪楊枝、本作ではロリポップと小道具使いもcool‼︎

トイレに隠れドラッグ三昧を教え子の女子学生に発見されてしまう。微妙な関係が続く中、二人の間に友情染みた感情が生まれてくる。

10年以上前の作品でアカデミー主演男優賞ノミネートされていたとは知らなかった。

もともと目元はトロンとした表情だが、クスリ漬けの本作は完全に目がイッちゃってました。彼の影ある役は十八番だな。

⭐️教訓⭐️薬物。ダメ。ゼッタイ。
撮影監督がいい。この粗めの映像メモ。
rann

rannの感想・評価

3.8
準新作コーナーにあったので
最近の作品かと思ったのですが、
2006年制作の作品でした。
11年越しの去年に日本公開。

仕事にやりがいを感じつつも薬物中毒の中学校教師が、校内で薬をキメている現場をある女子生徒に目撃されたことをきっかけで、その子との少し変わった友情関係が始まります。

前半は、生徒の前で活き活きと授業をしつつも、学校を出れば中毒症状を抑えられず自堕落的な生活を送るダンと、秘かな孤独感を抱えながらも大人びた13歳の少女ドレイが徐々にお互いを気にかけ始める展開。
歴史教師のダンが生徒たちに"変化"について問う場面があったりするけど、
その時点では、作品全体がぼやけていて霧に覆われたような雰囲気だったので、これは何を描きたいのか?と思いながら鑑賞してた。
しかし物語が進むにつれて、ふたりの奇妙な友情が育つのにつれて、描かれていることが入ってきた。
白人教師と黒人生徒のふたりは双方の変化においての"相反する力”だったのかも。人種、性別、年、立場が違っても、匂いが似てる人とは話していて心地よかったりする。
繊細な作品だなって印象なんだけど、とっても温かい気持ちにさせられる。
みしお

みしおの感想・評価

4.0
他、2017年8月30日、9月4日鑑賞
dpb

dpbの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

相反する力が、いつの時代も変化をもたらしてきた。
昼は教師、夜はジャンキー。
相反する、二面。
あまりにも優しくて弱いけれど、君と僕は"同じ"友達。
なんていうか、とっても優しい映画でした。
たぼ

たぼの感想・評価

2.5
この手の映画は結構ある気がするので個人的にはそんなに魅入ることはできなかったが、ライアン・ゴズリングファンの方なら楽しめるのでは。
moviEEE

moviEEEの感想・評価

2.8
去年公開された10年以上前につくられた映画。こんなんライアン・ゴズリングファンをフルネルソンで落とし込むような映画やん 公民権運動を教えたりする歴史教師が、麻薬中毒で、孤独な少女を捨て置けないってアメリカ社会の隠喩、、、ま難しく考えんでもライアン・ゴズリングは絵になる
Y

Yの感想・評価

3.0
ダンはほんとうにダメなヤツ。
フラフラと言うかフワフワと言うか。。

少女の存在がかなりよかった。
どー終わるのかと思ったけど、なかなか好きな終わり方でした☺︎
>|