ハーフネルソンの作品情報・感想・評価

ハーフネルソン2006年製作の映画)

Half Nelson

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:106分

3.5

あらすじ

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような…

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子どもたちに歴史を教える教師、ダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型にはまらない授業で生徒たちの信望を集めているが、一方で自身はドラッグに溺れている。ある日学校のトイレの個室でドラッグを吸っている現場を、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまう。彼女の兄は薬物を売った罪で刑務所におり、近所には多数のドラッグディーラーがたむろするような劣悪な環境で母親と二人で暮らしている。そんな彼女を何とかして救おうとするダンと、彼の秘密を知っているドレイ。二人の間に不思議な友情が芽生え始めるのだが-。

「ハーフネルソン」に投稿された感想・評価

薬物に溺れた歴史教師役をゴズリングが好演。ドライブでは爪楊枝、本作ではロリポップと小道具使いもcool‼︎

トイレに隠れドラッグ三昧を教え子の女子学生に発見されてしまう。微妙な関係が続く中、二人の間に友情染みた感情が生まれてくる。

10年以上前の作品でアカデミー主演男優賞ノミネートされていたとは知らなかった。

もともと目元はトロンとした表情だが、クスリ漬けの本作は完全に目がイッちゃってました。彼の影ある役は十八番だな。

⭐️教訓⭐️薬物。ダメ。ゼッタイ。
きょん

きょんの感想・評価

3.8
気だるそうなダン
堕ちていくダン
ゴズリングの病んだ演技が見事で
こういう役が本当に上手いしはまっている。
恋愛未満の関係で抑えているドレイの存在が効いていて、ラストがゴズリング共々爽やか。
繊細で優しくて脆くて危なっかしい。自分が誰よりも最低なのに、そんな力はないのに人を救おうとする。どうしようもないこんな男はモテるという役をライアンゴズリングが見事に演じている。ドキュメンタリータッチの退屈な映画だけどなんだかズルズル観てしまう。観客はダメな女たらしにハマってしまう女かもしれない
ライアン・ゴズリングの演技をじっくり堪能できる〜ずっと観ていられる(•̥̀ ̫ •̥́)

ドレイ役の女の子も又、健気で孤独な少女をとってもナチュラルに演じていて💮
なんだけれど、ストーリーはなんとも鬱々としてしまう(◞‸◟)
本作のライアン・ゴズリングの役はブルーバレンタインさながら救いようが無い感じで、
ドレイに関してはムーンライトで描かれていた劣悪な環境の中、結局麻薬ビジネスという世界から抜け出せない孤独な主人公と重なる。

ただラストの2人を観て、どうか互いの存在がきっかけとなって
変わって欲しい
正しく生き抜いて欲しいと強く感じました。
ライアン・ゴズリング…好き。
疲れてるときに観ては駄目。
ダンの繊細さとドレイの優しさが紡ぐ距離感に心地よさを感じましたねえ。

ダンが流した涙、あの涙を流したことのある人が、幸せになる社会であって欲しいですねえ。
ライアン・ゴズリング目当てで鑑賞。終始暗く重い雰囲気の映画です。
なかなか難しい映画でしたが、個人的には"真の自由"についてを説いていたりするのかな?と思いました。薬にどっぷり浸かってしまった主人公と、売人の父を持つ生徒。自分が縛られていることに気づいてそこから脱出した時、はじめて真に自由になれる…と言った感じで。うまく言葉で説明出来ません。ラストの余韻が素敵でした。
相反する人やモノ 教師でもドラックをやるし悩みもする。ヘロヘロでも公民権を教え帰ったら女を抱きドラック。ヤク中で家に帰らず飼い猫も死んでしまう。
ドレイはヤク中教師ダンの生徒。彼女の兄はヤクの売買で服役中。
相反する生徒と教師だが人は思想や人種が異なっても人。

ラストのあの距離感になぜか良い余韻の残る作品
TAKE

TAKEの感想・評価

2.9
ライアン・ゴズリング目当て。
それに尽きます。別に観なくてもいい映画。
>|