キッズ・イン・ラブの作品情報・感想・評価

「キッズ・イン・ラブ」に投稿された感想・評価

S

Sの感想・評価

2.5
ミステリアス系美女イヴリンに一目惚れしてその界隈のしょうもないウェイ族の沼にずぶずぶとハマってった挙句映画の中で唯一まともで正しい親友トムを捨ててしまう主人公馬鹿すぎて泣ける
s

sの感想・評価

3.0
動画【字幕】
・カーラめっちゃちょい役じゃん!でもジャックに気遣う優しい子だった!
・キャスのノリ好きw
・台詞なし音楽のみのシーン多くてMVぽかった
カーラ・デルヴィーニュが可愛い あとはムカつく
Y

Yの感想・評価

3.0
大学入学を控えた夏休み。旧友と企画した南米旅行のためにつまらないアルバイトをしながら悶々とした日々を過ごすジャック(Will Poulter)は、両親が熱烈に薦める弁護士事務所でのインターンにも全く興味が持てない。そんな彼がパリからやってきた美しく奔放な女の子エヴリン(Alma Jodorowsky)と、彼女の陽気で垢抜けた仲間たち、そしてペンタックスの中古カメラとの出逢いを通して、今までの自分の殻を壊していく“一度きりの特別な夏”を描いた青春映画。

“ウォールフラワー The Perks of Being a Wallflower”のような少年の成長物語の要素もありつつ、ロンドンを舞台に人生の“モラトリアム期”を迷いながらも明るく生きる“恋する子供たち”の強く刹那的な輝きを切り取った、深みはないけれど色鮮やかで爽やかな作品。

フライヤーではメインを張るモデルのCara Delevingneは物語上は重要な人物ではないけれど、独特の存在感でスクリーンに華を添える。頭に乗せた花輪や、濃いブルーのアイシャドウが可愛かった。
まあ、いろんな世界を知るのは、自分のいるべき場所というか、居場所を見つけるためには必要なことですね。
背伸びの恋をしたことで自分を見つめ直すキッカケができた、というような映画です。
Ganchan

Ganchanの感想・評価

2.6
ジャックが最高にダサい!
ダサい演技が良いねw

内容は共感できない

超サラッと観れるけど
Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.8
Artistic
てるる

てるるの感想・評価

3.7
イケてない男子がちょっとしたきっかけからパリピ達と過ごすようになり、調子に乗っちゃう話。

こういうのってイケてないとか言いつつイケメンがやったりするけど、これは主演がウィル・ポールター。
だからめちゃくちゃハマってる!

でもこの主人公の気持ち分かる。
同じようにオタクだったけど、ふとしたきっかけでパリピに紛れ込む。
その一瞬は楽しいけど、結局パリピたちとは人種が違うってことを思い知らされる。

そんな瞬間を経験したことがある人は共感出来るかもしれない。
それを上手く糧にすることが出来ればいいんだけどね。
人生そう甘くない。

それにしてもウィル・ポールターは顔の存在感と演技の繊細さのギャップが凄い。
決してイケメンじゃないけど、主演もあるし、大作にもコンスタントに出演してるのは実力なんだろうな。
>|