smithmouse

ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービーのsmithmouseのレビュー・感想・評価

3.3
大好きだったペンギンズ( ´ ▽ ` )ノ。
これを見るためにNHKに受信料払ってたのに
最近放送しなくなった上、TVも壊れて見られ無くなった(−_−;)。
コレをずっとTVで見られるなんてUSAのキッズは羨ましい(´Д` )。

狙われた人気者の地位を守る為、世界を股にかけたキケンなミッションのペンギンインポッシブル。

「さあ ニシンジュースを飲もうぜ。」
隊長、新人、コワルスキー、リコの4羽はペンギンだがシークレットエージェントだ。
喋るし、戦うし、乗り物を操縦する。
ある日、発売禁止になったチーズスナックの自販機を探し求めアメリカ政府の金塊貯蔵庫、フォートノックス基地に忍び込むが、そこにはペンギンズに覚えの無い遺恨を持つ謎の敵が待ち受けていた。

今回も相変わらず、キャラクターの動きにセリフに可愛くムカつく。
隊長のジト目でチーズスナックを齧るシーンが特にムカついて可愛い。
他にもハーモニカ吹いたり、タトゥーいれたりするモブなペンギンも居る。

ベネディクト・カンバーバッチやジョン・マルコヴィッチがどこか本人たちの面影のあるキャラクターの声優で登場してるのがセールスポイント!

不満点は吹き替えで観たら、TVアニメ版と声優が違うこと!
この違和感は死因に繋がりそうなレベルだった。
特にコワルスキー!
声のおかげで科学者ってキャラクターっぽく無くなった。
一番お気に入りキャラだけに残念。
あと、キングジュリアンとモートが殆ど出てこない。モーリスにいたっては出番0。

ドリームワークス製のアニメキャラの人外なのに人間臭い動きとユーモアは癖になる。
おかしなペンペン達が世界を狭しとヌルヌル動きまわる映画。