ゆーたろー

ラブ&ピースのゆーたろーのレビュー・感想・評価

ラブ&ピース(2015年製作の映画)
3.5
園子温には珍しく、優しくてカワイイ映画。いつもと違って毒素を全部抜いているので、見終わった後も爽やかだった。
中身もトイストーリー+ベイブ+ガメラ+20世紀少年といった感じで日本映画には珍しいファンタジー映画である。
麻生久美子の登場シーンが割と少なく、あんまり印象に残らないので、映画のテーマの一つであるラブストーリー性がちょっと薄かったように思う。その分ピカドンとの友情のテーマ
が前面に出ていた。
監督は自作で歌を作るだけあって、どれも耳に残る楽曲で良かった。
しかしスケーターズワルツとあの太鼓とドラムが混じったスコアはいつまで使うんだろ(笑)。