クワン

ジュピターのクワンのレビュー・感想・評価

ジュピター(2014年製作の映画)
2.6
「マトリックス」という哲学性と映像美を併せ持つ傑作に較べ、
展開、台詞、微妙な恋愛設定、キャラ造詣、チープ感が否めない。
ミラ・クニスには主演のカリスマ性が無い。
チャニング・テイタムの狼男。頑張ってる。
エディ・レッドメインは演技過剰。

目まぐるしい宇宙アクションは劇場で観たら、体感できたのかも。

ウォシャウスキー姉妹も、初期傑作が多いリュック・ベッソンと同じ道を辿っている気がする、、