パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニストの作品情報・感想・評価・動画配信 - 7ページ目

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」に投稿された感想・評価

デイビッドギャレットの演奏技術の高さと色気に圧倒される。
何百年も続くクラシックの世界の奥深さよ。
当時の世相とかも含めて面白い作品。
この情緒はサルかな。デカくて急に怯えたり優しくなったりする辺り、クマかな。

天才はどうかしてるっていう話は時代を問わず映画やドキュメンタリー問わず世に出るんだけどさ。
当人を実際に知る人は誰もいないもんで無茶苦茶描かれるよね。ルックスだって好き勝手だしなぁ。

パガニーニが「悪魔のバイリオリニスト」と称される所以がちゃんと描かれてないし、終始近づいてきたプロデューサーはじめ、まつわる人間も全員かな、全員だよな、滅茶苦茶だよ何も説得力ないよ。

どのくらい凄い人だったか全然分からん。蔑まれたりバカにされたり賞賛を浴びたり、なんなんだよってば。

プロのバイオリニストが演じていると言うところ以外、描きたかった確たるものがさっぱり分からんかったわ。
ただただエロエロイケメンヤク中バイオリニストの珍道中。
sr

srの感想・評価

3.5
ニコロ・パガニーニの伝記映画。正直な感想、原題「The Devil's Vaiolinist」という割に、「悪魔的」な部分が疎かになっていたように思う。“悪魔のヴァイオリニスト”と評された由縁や、世論等、もっと掘り下げてよかったのではないだろうか。埋葬に関しても多少触れたのみで、自身での補強が必要。少し表面的で単調だったように感じた。しかし、ロンドンの情景(霧)は、再現されていて雰囲気がよく伝わってきた。デヴィッド・ギャレットによるストラディバリウスを使用した演奏と、アンドレア・デックの歌声を聞くために見たと思えば、満足度は高い。
ニコロ・パガニーニの伝記映画。

デイヴィット・ギャレットの演奏と、シャーロット役の女性の歌声が素晴らしかった。。

「そのヴァイオリン演奏のあまりの上手さに、『パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ』と噂されたという。(wikipedia引用)」って、、すごいな。

到底信じることのできないテクニックだったんだろう。しかも、そのパガニーニを自ら主演と製作総指揮してしまうギャレットもすごい(笑)

19世紀終わりのロンドンの街並み、絵画のように美しくて、ターナーの絵のようだった。どうやってつくったんだろう。
Meguroots

Megurootsの感想・評価

3.8
日本でいう江戸時代中〜後期に、ヨーロッパでヴァイオリンの名手として名声を博したイタリアのニコロ・パガニーニ。

何かに秀でる人は、一方で何かに欠落している。
当時の新聞がいかに庶民に大きな影響を与えていたかがよくわかる。
現代のパガニーニとも言われるデヴィッド・ギャレットがまた良い味を出していて、目を見張る。

パガニーニという実在した人物を知る良いきっかけになった。
流石プロの演奏素晴らしかったー!
素人ですが聴き入ってしまいました😌✨

コンサートのところ凄かった!
かっこよすぎでしょーあの眼はー。


伝記モノ結構好きだなあ。解釈を色々と楽しめる!
でもこれは学校では観れないやつですね☺️

ウルバニメインのお話な感じしましたね!
てか途中からりえママに見えてた←


メインソングのio ti penso amore 歌ってるのがPCDのニコールって知ってびっくり!斬新ですねー!


古い方のパガニーニの方がエロそうなんでそっちも観比べてみたいなぁと思いました!


2020年の締めくくり映画🎞
19世紀前半に実在したバイオリニストを描いた作品。

劇場公開時以来、6年ぶりに鑑賞しました。
といっても当時は半分睡魔と戦いながら見たのかほとんど覚えてなかったです(笑)
多分映画館に足を運んだはずなんですけどねぇ。
それさえも記憶が曖昧という(笑)

非常に独創的なバイオリニストで庶民からそっぽを向かれていたが、あるマネージャーと出会ったことから売れっ子になっていくというストーリー。
しかし女好きで自由奔放さで周りは非常に迷惑被りまくるわけです。

こんなグータラでもバイオリンを奏でれば凄いのだろうと思うわけですが、これがなかなか本気の演奏シーンが出てこない。
やっと登場した演奏シーンは思わず拍手を送りたくなるほど。
演じたデイヴィッド・ギャレットは本物のバイオリニストらしく納得の演奏です。
残念ながら見どころはここだけ。

後半の女たらしな描写はとても感情移入出来るものでもない。
さらにマネージャーが冷酷かといえばそこまで引くものでもない。
好き勝手やってたバイオリニストの話というだけの印象しか残らなかったのはどうなの?と思うけど。
mayu

mayuの感想・評価

3.3
音大あるあるかもしれないけど、これの演奏シーン抜粋で授業でよく流れる
(カストラータの歌唱シーンもよく流れる笑)
楽器が上手くて自信家だとモテる現象
ayaka

ayakaの感想・評価

4.0
・逆にリアルっぽくて良かった
・音楽を聴くだけでも
・歌も素敵
・ヴァイオリニストなので違和感が全くない
・切ない
・魅惑的
・何回も音楽と歌部分を聴いちゃう
jun

junの感想・評価

4.5
悪魔に魂を売ったのか、悪魔に魅入られ愛されたのか、こういう風にしか生きられない様が清々しいくらいの美しさ。
デイビッドギャレットかっこいいしヴァイオリンは最高だし、愛の重なりあった刹那のアモーレ…たまに思い出して歌っちゃう。最後出ないけど笑
サントラ聴きまくったなー

あなたにおすすめの記事