takerootsboy

サード・パーソンのtakerootsboyのレビュー・感想・評価

サード・パーソン(2013年製作の映画)
3.5
それぞれ異なる問題を抱える3組の男女の、まったく別々のストーリーを同時進行で展開していき、それぞれが少しずつ絡み合って最後には全部つながっていくタイプの、たまにある群像劇なのかなーと思って見てたら、皆さん全然交わらず。最後でおやっ?と、モヤッとなって、多少混乱したあと、いろんなシーンを頭の中でつなぎ合わせて、最終的に自分で解釈を作り上げて、納得。その解釈が正しいかどうかは、もう一回見直さないと何とも言えないな、と思うんやけど、もっかい見たいかとなると、んー、どうでしょ。全篇セリフがちょっと不自然というか、盛りすぎというか、キザったらしくて結構気になるし、まぁ、セリフに関しては最後にあー、だからそんな感じやったんかーと納得行くんやけど、悪い意味での男のバカさと女のややこしさがこじれにこじれた様子を延々と見続けるのも若干ツラいものが。非常に巧みな演出と展開で、スタイリッシュな映像と音楽も良くて、吸い込まれるように見入ってしまえるんやけど、後半まで何がどうなってこんな展開になってるのかまったくわからないせいで、エモに訴えかけてくるものが全然なくて、おもしろいけど面白味に欠ける、何とも言えない映画だなと思った。2回目見ても、お話はスッキリわかるけど、だからといって何らかのカタルシスが得られるわけではなさそうやなーと思ってしまう。ま、見てみんとわからんけどね笑 その点同監督のクラッシュとは全然違うなーと。プロットの構成はこっちの方が精巧やけど、インパクトとパワーでは全然クラッシュの方が上。あと、出演者たちも何かもうひとつ魅力に欠けるってのも大きいな。特にオリヴィアワイルド、マジうぜ笑 ミラクニスもあれれ? ジェームズフランコいけすかね。エイドリアンブロディ顔おもろ。