勝沼悠

サード・パーソンの勝沼悠のネタバレレビュー・内容・結末

サード・パーソン(2013年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

 愛する者を失った自責を巡る三つの群像劇。

 なのですが、実はこれは主人公の作家だけが実際の起きてることで、後の二つは主人公の小説の中の人物だそうな。。。様々な投影をそこに見ていく話。そういう意味では主人公ちょっと気持ち悪いようにも思う。
 豪華キャストながらヨーロッパ映画っぽいなぁと思ったら四カ国ぐらいの合作なのか。。