M.K.

福福荘の福ちゃんのM.K.のレビュー・感想・評価

福福荘の福ちゃん(2014年製作の映画)
4.0
私利私欲を捨てた?人が聖人化されるというのか、当人の気持ちも知らずに押し付けだらけで依存されて癒されていくけれど、当人は傷つくばかりの切ないシチュエーション。
そんなことは百も承知で達観して諦めて声を出して笑うような、男はつらいよみたいな空気感も含んだ可愛い映画だった。
傷つけた過去を引きずって今を不器用に生きている女性と過去を引きずりながらも、今を懸命に生きようとする男性。
特に抑揚もなくさらさらと流れて行くけど、見終わったあとのあったかい感じは好き。
おとなり、ランドリー、程ではなかったけれど、攻撃性のない、好感のもてる映画だった。