真夜中の五分前の作品情報・感想・評価・動画配信

「真夜中の五分前」に投稿された感想・評価

haohao

haohaoの感想・評価

4.5
熱を含んだ上海のイメージを
良い意味で裏切ってくれる。
静かで冷んやりとした映像の質感に
街灯、ランプ、ネオン、信号でさえ
光が美しく印象的に映る。

「くまもと復興映画祭2020」でも上映され、teach-inで撮影当時を語った行定監督。
彼は海外の撮影でも真面目で
空き時間には言われたわけでもないのに
時計店に行き簡単な修理が出来る程
時計修理を習得し
中国語は上手くなり過ぎて
トラブル時は少し高い所に座って
その様子を静かに見守り
役と向き合っていたそうです。

だからか
上海の街に溶け込んでいる事に納得。

三浦春馬演じる良の繊細さ
指先の美しさと
海外の空気感を感じられる作品

※観客に委ねる結末が苦手な方もいると
思いスコア4.5にしました。


余談:監督が「東京公園」の彼を観て
繊細さを感じキャスティングしたそう。
合わせてご鑑賞も良いかと…
アカ犬

アカ犬の感想・評価

4.3
中国の街角に隠れ家感があったときの良作じゃなかろうか。
行定勲監督の創る世界観が興味深かつた。
fuchi

fuchiの感想・評価

3.8
映像が静かで美しくノスタルジック。
そして音楽もいい。

三浦さんの中国語が自然。
言葉を発しなくても伝わる演技で
良さがつまってます。

何度か観てますが
想像掻き立てられ色々な
受け止め方ができます。

そして終わった後いつも
余韻に浸れる•••••。
由紀

由紀の感想・評価

5.0
すごく良かったです。
白か黒かハッキリしないところが良い。
観た人の想像力が膨らむ。
ハッキリさせたい人には不向きかな。
春馬くんの美しさが一段と際立って
素晴らしかった。
全編中国語の意欲的な作品である。自分の目の前にいるのは、双子のどっちなのか。答えは観客に委ねられる。その余白が好きな人には受け入れられる映画であると思う。白か黒かわかりやすく観客に提示する映画もあるが、このような余韻を楽しむ映画は良い。自分の相手への愛を信じられず、キャリアとして成功して名誉もあるが自己崩壊してしまうティエルンと名もない時計修理工であるが、相手をすべて静かに受け入れるリョウ。
行定監督が描く、この映画に流れる独特の雰囲気に心が穏やかになる。
YMK

YMKの感想・評価

-
ポエティックだな
なつも

なつもの感想・評価

3.9
行定勲監督の映像すきやなぁあ、あと春馬くんは日本が誇る逸材だ
>|