YokoGoto

ベイマックスのYokoGotoのレビュー・感想・評価

ベイマックス(2014年製作の映画)
3.4
全くストーリーも予備知識もなかったベイマックス。アメコミ風の戦隊物だとは、知りませんでした。(笑)
そして、さすがディズニー作品。最後には泣きそうになるほど感動しました。

従来のお伽話やおもちゃの世界のようなファンタジーとは異なり、極力リアルな世界に忠実なキャラクター作りと、SFを適度に盛り込んだ感じは、王道かつ安定した品質です。


特に、ケアロボットのベイマックスのしぐさが可愛らしくて、沢山ツボがありました。

子供にも安心して見せられるアニメーションでした。


ただ、ただ、、、

大人目線でみると、シナリオ面でつまづく部分がいくつかあり、若干気になりました。。。

前半20分。

火事のシーンまでは、アナと雪の女王にも通ずるの手際のよさで、さすがだなと思いましたが、その後、物語が進んでいくうちに、肝心の教授との関係性とエピソードが欠けてるような気が。

カットされてるのかしら?と思う程薄くて、肝心な所で、感情移入しづらい所がありました。

また、ヒロが最初に作ったマイクロロボット。
これも、エピソードとして寸詰まりになってしまった感が….
小さなパーツが集まって大きな力になる、というメタファーのように思いましたが、ヒロが生み出したという点が、最後は関係してこなかったのも、若干の不完全燃焼。

最後の戦闘シーンの盛り上がりも、結局、なんで闘っているのか?誰と闘っているのか?もわかりづらくなってしまい、微妙でした。

あと、全体的に音楽がいいなぁ、と感じました。

特に、エンディングの音楽とイラストがすごく良かったのですが、最後の最後の、AIさんの楽曲『ストーリー』が合わないと感じたのは私だけでしょうか?
物語のイメージと合わず、ミスリードのように感じました。

あのまま、エンディングで良かったような気が。。。。

兎にも角にも、安定したディズニー作品で、多くの人に好まれるとは思います。