ジャージー・ボーイズの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ジャージー・ボーイズ」に投稿された感想・評価

こもも

こももの感想・評価

4.1
曲がとっても素敵です。そして誰もが聞いたことのある曲ばかり!ラストシーンは何度観てもテンションが上がります!!
クリントイーストウッド監督ならもっと面白いの作れるんじゃないの?
人間関係は難しいなと思う映画やな!人生色々ありますな!
人多いと名前覚えれへんし、私には登場人物多い映画向いてないわ!!
クリントイーストウッド監督はクラシックカー好きと言うことがわかりました!
もた

もたの感想・評価

4.0
予習で。イーストウッドこんな作品も作れるんだというギャップ萌え。公開当時フォー・シーズンズの映画ということで、劇場に行こうか迷った記憶がある。少なくとも『ボヘミアン・ラプソディー』の前に観ておくべき映画だった。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

4.4
2019-3 22作目
KS

KSの感想・評価

3.8
特に何かあるわけでもないが、退屈さもなく、
心地よい音楽に浸れる
よ

よの感想・評価

3.8
歌が癖になる!
高音素敵
tomo

tomoの感想・評価

3.2
話の流れはそんなに好きじゃない。

曲は好きです。
なんか最後の方の「Can't Take My Eyes Off You」を歌い上げるシーンとみんなで「Oh What A Night」を踊るシーン以外ダラダラしてて退屈です。
そもそも僕のような筋金入り?音楽ヲタクからするとフォー・シーズンズって言うほど偉大なグループか?って思うんです。
確かに有名なヒット曲は何曲もあるけど、別にメンバーの才能が言うほど凄いわけでもないし、フランキー・ヴァリ以外あんまり知られてないし、そんな「伝説!」みたいな感じで描くようなグループじゃないと思います。なのであんまり好きじゃないです。
けど何かこの映画の中のクリストファー・ウォーケンって可愛いなって思います。特に最後「Oh What A Night」をみんなで踊るときの。彼を観るといっつもパルプフィクションのケツの穴に眠っていた腕時計のシーンを思い出してしまうんです(笑)
かわだ

かわだの感想・評価

3.7
60年代アメリカを味わい尽くせる。出だしはテンポいいんだけど、長いから最後の方はちょっと疲れる。クリントイーストウッドってこういう映画も作れるのね。
ボブは本当にいいやつだし、ニックも不器用ながらいいやつなんだけど、どうしてもトミーは好きになれない。そう思わせたトミー役の演技が上手いんだと思う。不誠実なやつはどこかで綻びが出るし、逆に友情に厚かったり真面目で努力家な人は、いつか苦労が実っていくんだな。
フォーシーズンズやフランクバリの曲はどこかで聞いたことがある人も多いと思うから、曲が始まったらきっとノれる。この作品で彼らの裏側を知れた。音楽と4人の俳優達がとにかくカッコいい。
momohide

momohideの感想・評価

3.9
連チャンイーストウッド。

「殿堂入りや、曲のヒットよりも駆け出しの頃街灯の下で四人だけのハーモニーを作った瞬間が何より最高だった」

わかる。
音楽(だけに限らず)とビジネスは切っても切れない関係なんだろうけど、純粋に音楽だけを考えてた時期ってやっぱり1番なんだろうね。
初期衝動。


フォーシーズンズは「君の瞳に恋してる」(のカバー)があまりにも有名ですが、他の曲もいい曲ばかりですねん(΄◉◞౪◟◉`)♪
フランキーの声はいい声だけど、ともすれば潰れたアヒルの声にも聴こえる(失礼)


はい。

物語終盤に満を持して演奏される「君の瞳に恋してる」にわたくしのカタルシスも大爆発。
そっからエンディングまで一気に駆け抜ける様
は圧巻。

トミーはクズだけど
最後は仲良く歌ってて良かったとオモイマス(΄◉◞౪◟◉`)

グループの成功の裏側がよく描かれていて非常に興味深い作品でした。