ツユQ

ゴーン・ガールのツユQのネタバレレビュー・内容・結末

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

元ボンドガールの狡猾な妻ロザムンドパイク演じるエイミーはベンアフレックへの仕返しのため、今まで仕込んでおいた罠を発動してメディアを巻き込んで彼を殺人犯に仕立て上げる。しかし…全米を巻き込んだ誘拐事件は思わぬ結末を迎える。

エイミーは一人それをテレビで見て、楽しむが、途中過去の抑圧を爆発させてお菓子を買いまくるシーンは見ていて悪い気はしなかった。
金を奪われて元彼のストーカーに泣きつくけど、こいつも相変わらずヤバめのサイコ束縛野郎で、八方塞がりの状況からかなりエグい方法で逃げるのは男からすると恐ろしい。

最終的に彼女は戻ってくるが、ベンを二度と離さないとばかりにガッチリ束縛して「もうお終いだ。ヤツから逃げられない」とベンと妹のマージが泣くシーンは見ていて辛いが、ここまでを追うとコーエン兄弟のコメディにも見える。

あとアゴは万国共通でイジラレの対象なんですね。

これは大きな枠で言えばコメディだし、サスペンスだし、ホラーだ。「『逆』ゲーム」と言ってもいいくらいだと思う。