RJ

天才スピヴェットのRJのレビュー・感想・評価

天才スピヴェット(2013年製作の映画)
3.4

自分は全体を通して「親の心子知らず」そしてまたその逆もしかりで
家族という誰よりも近い関係だからこそ、心の底にある本音の部分を言葉で伝えれない不器用な家族の物語だと感じた。

全体的にとても軽快で画もとても綺麗なので
家族の気持ちのすれ違いを弟の死を経験し、乗り越え家族がスクラップアンドビルドされていく過程を重い感じではなく観れる。

少年時代の無尽蔵に湧き上がる好奇心は子供が持つ才能だと思う