シグノリ

天才スピヴェットのシグノリのレビュー・感想・評価

天才スピヴェット(2013年製作の映画)
3.5
感動作。ジュネのファンタスティックワールドは今回は抑え気味。だから、これほどのめり込みやすくて、人間ドラマに泣けてくる。
ロードムービーであり、一人の天才少年ではあるけれど、ただの少年の葛藤を描く。自分の弟の死を自分の責任に感じ続ける少年と、両親とのラストの再会はとても感動的なシーン。
いい意味でジュネらしくない、だけどジュネっぽいこの映画はとても素敵なファンタジー。