天才スピヴェットの作品情報・感想・評価

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

とても良かった。

めちゃくちゃ端的にいうと、少年が旅に出て成長する話。家族の話。

スピヴェットが天才で突拍子もなくてどこまでも愛しい。
観てよかった。
T.Sがかわいい。マイペースなところとかが、うちの息子みたいだなと思った。

それにしても、頭があんなに良くても、それは一緒に暮らす家族にはあまり関係がないんだなーと思った。

弟が事故死していたりと、重い話のような気がするけど、あまりそれを感じさせない雰囲気だった。
かわいいスピヴェット!
カウボーイになりたい父親、存在しない虫を追い求める母親、アイドル目指す姉、昨年銃で亡くなった弟、10歳にして天才発明をしベアード賞をもらうスピヴェット...クセの強い家族!
受賞のために都会へ出る道中で自分の居場所をみつける話。アメリの監督!遊び心のある可愛らしい演出が多くてほっこりする。
natsu

natsuの感想・評価

-
映画館で母と

ジャンピエール監督!
幻想と現実を行き来する映画がすきなので楽しかった。ジャン=ピエール・ジュネの気違いじみて美しい絵作りが素晴らしい。そこはかとなくスチーム・パンクを感じた。大陸横断鉄道いいよね…すごく…鉄分が補給されます…。T・Sが母クレアにぴょんと抱きつくシーンと父カウボーイの背にぴょんと乗るシーンにカタルシスがあってよかった。颯爽ともっさりと現れるヘレナ・ボナム=カーターの頼もしさ。しびれる(2015/12/21
「天才だからってひとりぼっちじゃない」

あらすじ
田舎の牧場に住む科学が好きな少年スピヴェットは本当の居場所を探すために大都会へ旅に出かける。


心温まる作品でした。二回観たくなる作品です。

広大で自然豊かな場所で、住み心地の良さは絶対良いだろ!と思いながらも、スピヴェットの心情がどんどんわかるうちに彼はここには合わないのかと同情していました。
彼自身が旅の試練、罪の試練など、様々なものを乗り越えて受け入れて、本当の居場所を見つけるロードムービーです。


監督の他の作品はまだ観ていませんが、このようなトーンなのでしょうか?
映像の斬新さが子供の遊び心をくすぐる感じでワクワクしながら楽しめました。

そして、やはり天才というべきかスピヴェットの知恵を使った苦難の乗り越え方が感心するほどに見応えがありました!!とっさにあんな発想思いつかないよ!!!





※今作のハイライトはパネルのシーンです。スピヴェットは天才でした。
>|