天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

bebemama

bebemamaの感想・評価

3.4
家族愛の話だったんですね。
癒しと再生。

特異な家族設定だけど、それは、家族の個性を強調しているだけ。
どこにでもある家族の物語。

家族の誰もが傷ついていたので、スピヴェットの事を気遣ってあげられなかった。
おまけに、父親は弟の方を可愛がっていた。(と思い込んでる)

そして、スピヴェットの演説が…

はじめの牧場の生活から、アメリカ大陸を横断する旅は、まるで絵本をめくっていく様。映像もとっても綺麗。
旅の仕方のアイデアがいい。

観終わった後、ほのぼの。

タピオカがかわいい!

最後のスピヴェットの発明が家族の役にたっていて、暖かい気持ちになった。

トースターは何故壊れる?
どことなくホームアローン感!
真実を打ち明けることは、勇気なき者にはできまい。
本当の意味で、スピヴェットは天才かもしれない!
Noriko

Norikoの感想・評価

3.5
天才も人間。
天才でも子どもは子ども。
ヘレナ・ボナム=カーターのお母ちゃん役いいなぁ。
雰囲気映画万歳!
ケイ

ケイの感想・評価

3.5
頭のいい家族(姉を除いて)で面白かった!

ファミリー向けだからだれでも楽しめる!

T・Sが頭良すぎて面白かったし可愛かった😊😊
コミュニケーション不全の問題がコメディチックに描かれている。つまりいつものジャン=ピエール・ジュネ。

科学者の母、カウボーイの父親、アイドルに憧れる姉、父に憧れる二卵性双生児の兄弟、そして頭の良いスピヴェット。
それぞれが独立した個性を持っていて、悪く言えば孤立している。スピヴェットの言動は周りにあまり理解されない。

二卵性双生児の兄弟レイトンの事故死で
家庭内のコミュニケーション不和に拍車がかかる。

学校を休むことにすら罪悪感を抱く真面目なスピヴェットは発明の授賞式に行くため家出同然の方法でアメリカ横断の旅に出る。しかし、本音では授賞式はどうでもよく、今の家庭環境が嫌で家を出たかった。そういう内面的葛藤があり、旅先では色々自暴自棄なこともする。

10歳のスピヴェットの無自覚な家出は、兄弟の死によってもたらされた家庭内の隙間を元に戻す役割を果たす。原題の「The Young and Prodigious T.S Spivet」”若くて不思議なスピヴェット“は、家族の中で最年少で変人なのに重要な役割を果たす、という意味だから邦題「天才スピヴェット」は違和感がある。内容としっくりこない。作中でもスピヴェットの受賞は、スピヴェットに重要な扱いをされておらず、スピヴェット視点の家族>権威(賞)の分かりやすい構図が端々にある。
スピヴェットにとって発明は、最後には家族と繋がる手段になる。
hkyy

hkyyの感想・評価

4.0
t.sがかわいすぎる〜、t.s目線で見えてる世界が計算式にみたいになるのが好き!
少年TSは素晴らしい探求者。
母親も素晴らしい研究者かつ教育者。
姉は愛すべき凡人。
でも父親はダメな世捨て人だと思う。
さらに他の大人はみんなダメダメだよね。

少年TSは旅をして成長した。
これからも真理を求めて旅をするのだろう。
にゃすP

にゃすPの感想・評価

3.6
内容的にはよくある家族の再生物語。絵の撮り方がとてもオシャレ。子役の子の今後に期待。
ゆるやかでふんわりとした雰囲気なのに割と険しい道を進んでいく主人公、、、
普通はそんな上手くいかんだろ!と思うけど上手くいっちゃうのが天才スピヴェットね。天才すぎ。
旅の途中で出てくる脇役の人たちが良い。逆に都会の人たちは、やっぱりこころが汚いなぁと笑 ただの金儲け。
mary

maryの感想・評価

4.8
もうとにかくこの監督が作り出す世界観が大好き!!!映像 色彩が美しくてそれだけでも楽しめました。

レイトンの所はそんなにあっさり!?と思ったら、後からなるほどってなった。色んなことを冷静に観察するスピヴェットが愛しくて可愛くて仕方なかった。
アメリ同様、全てのキャラクターの細かい設定が拘ってあってすごく良い。大好き。