天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

green

greenの感想・評価

4.0
世界観がかわいい。
いちいちかわいい。
アメリのが好みだけど。
18/132
翔一

翔一の感想・評価

3.9
映像、音楽がとにかく綺麗
ほのぼのして最後には愛を知れる。
アメリの監督らしさが出た良作
時代設定というか世界観がよくワカラン

理解されて当然と思ってはいけない。思ってたけど
まりあ

まりあの感想・評価

4.5
大好き
ヘレナ・ボナム=カーターのお母さんはまり役。
苦しい心をかかえてスミソニアン博物館まで行かなきゃいけない気持ち。
強烈に個性的な家族なのに、個性を認めあって家族をなしていく。
愛がしっかりとある。
まだ

まだの感想・評価

3.5
若干10歳にして、栄誉ある化学賞を受賞するほどの天才的な頭脳を持つ少年が、家族の中で居場所を見つけることができず、授賞式に参加するため、単身、家出まがいの大陸横断をする話。

主人公はふざけていながらも、賢いのですが、終始感情をあまりあらわにすることがなくて。そんな主人公が、終盤に感情をあらわにするシーンがあって、ちょっとグッと来てしまいました。

「アメリ」の監督の作品ということで、洒落ていながらも、お茶らけていて、でも愛嬌がある。そんな台詞回しや映像が印象的な映画でした。
サトシ

サトシの感想・評価

3.8
やっぱり独特な世界観。
風景が良すぎ。
ロードムービー的なのも大好物。

ヘレナ母さんが、まだわりと普通なオカン役てのもミソ。
にしま

にしまの感想・評価

3.7
フランス映画だと思ってたら、思いっきりアメリカだった。笑

T.S.の大人顔負けに理屈をこねる感じと、子供っぽさが入り混じってるのが可愛らしい。
弟の死に対する思いは切ない気持ちになる。

登場人物それぞれがチャーミング。
色彩が奇抜で綺麗で、やっぱりアメリっぽいなあ。
こまち

こまちの感想・評価

3.6
なるほどなるほど、アメリの監督さんなのね。
ポップな色調や間に入るナレーションなんかは「ぽい」よね。

どんなに天才であろうと10歳の子どもに変わりはなく、博識の合間に見える10歳らしさがいじらしくて……
とはいえ家族が失ったものの大きさは計り知れなくて、弟の死という悲しみを起点に話は回っていくけれど悲壮感よりもどこか前向きな気持ちがより強い作品。

ヘレナボナムカーター、とっても上手だけど「一般人」の役してるの久しぶりに見た(笑)(て言っても昆虫博士)
Buchapi

Buchapiの感想・評価

3.5
天才になりたいけど、
天才系映画ってみんな苦労してたり
大変そうなんだよな。

2018.05.26
matilda

matildaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

家族愛って素敵だなって思う。主人公の男の子は弟への罪の意識を持ってしまうし、家族はみんな僕のことを愛していない、と思い込んでしまうけど、どちらも間違っていた。弟のことは誰のせいでもないし、家族はとても彼を愛している。それを彼の家族が全力で彼に伝える。心温まるステキなストーリーでした。