天才スピヴェットの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

びりー

びりーの感想・評価

3.6
独特な雰囲気の映画でした。とても楽しんで観ることができました。
とにかく可愛い
妄想癖のおとこのこ

アメリの一発屋じゃないですね。他の作品もみたくなりました
ヘレナボナムカーターさん美人やわ〜
Yolice

Yoliceの感想・評価

3.7
ある発明で受賞することになった10歳の少年が、授賞式に出席するために家族に内緒でモンタナからワシントンDCまでアメリカを横断する冒険譚


双子の弟を亡くしたT.Sスピヴェットとその家族の再生までのお話
家族の再生と書くと王道な感動ものかなとなりますが、この作品は独特なストーリーの語り口とキャラでとてもユニークな仕上がりになっています

スピヴェットの家族もそれぞれ個性的だけど、スピヴェットが旅路で出会っていく人々もそれぞれ一癖あるような人ばかり
こうやって自分で目にしたり体験したこと、出会った人の価値観など、人を構成していくのはある意味旅路なのだなと感じました
(2014年12月1日@シネスイッチ銀座)
10歳の天才少年T・Sスピヴェットは、活発な双子の弟の事故死に対する罪の意識から家族への疎外感を深めていた矢先、自分の発明がスミソニアン学術協会より権威ある賞をもらうことになり、家族に黙って一人家出同然で、ど田舎のモンタナから賞の授賞式が行われるワシントンへ旅に出る、というお話。

この映画の主人公T・Sは天才となっていますが、ここでのT・Sが感じる疎外感というのは、天才であるがゆえの疎外感、というよりも、他の家族それぞれが思い思いに生きることに対して感じる孤独感や死んでしまった弟への劣等感など、自我が目覚めてきた子どもにありがちな心理で、実は普遍性があるように思える。

ラストなど観なくても、大人の目で見れば主人公の疎外感などは子どもの独りよがりであることはすぐにわかり、主人公がそのことにどのように気付くか、というところにこの映画の面白さがあるように思える。

この手の作品を3Dにする意味があるのか、とも思ったが、モンタナの大自然と少年の非現実的な脳内世界は3Dで観ることで、インパクトが増した気がする。
もえ

もえの感想・評価

3.3
目的地に向かってるシーンすきだった。色んな人が出てきてワクワクした。

天才だけどやっぱりまだ10歳の子供なんだなぁという感じがして、周りの大人大事だなぁと。

その時の家族の裏側?みたいな描写が少ないからか、感動大号泣!みたいにはならんけど、あの家族はあの感じがベストなんだろな。

エンディングかわいくてすき
爽人

爽人の感想・評価

3.3
片田舎の天才少年が家出してワシントンD.C.に向かう話。

主人公の少年の語り部分が多く、ロードムービーが好きな人には合いそうな映画。
アメリの監督だけあって独特で綺麗な色使いが個人的にはとても好み。

最後の方は少し蛇足感があったが、ウェスアンダーソンやティムバートンが好きな人には、是非この映画をおすすめしたい。
木子

木子の感想・評価

2.0
ハートウォーミングで可愛らしい映画であることは間違いないので、好きな人はきっと一定数いるだろう。ただ個人的には感動の押し売りバーゲンセールと感じてしまった。『ロスト・チルドレン』が大好きだから、毒を全部抜かれたジュネを見るのは寂しい。
も

もの感想・評価

4.0
天才なりの、天才ゆえの、不器用な回り道で、どこか歯車が違えてしまった家族を再生させようと奮闘するスピヴェットが愛らしい。

「君にも松の木が見つかるといいね」という別れ文句、粋だねぇ。

P.S.
主人公がはちゃめちゃにかわいい。同い年だって。やば!
223cosmic

223cosmicの感想・評価

3.5
演出が良い
アメリ的な皮肉っぽい笑いもありつつ、家族のハートウォーミングストーリー
罪の意識は辛すぎる
愛されてないなんて思わないで😢
色彩も画角も私の好きな感じ
クスッと笑えるようなシュールな感じも良かった。でもそれだけじゃなく深くて温かい話がずっとあってとても良かった。子どもが主人公の作品には自分よわいな〜また観たい作品になった‼︎
ヘレナ相変わらず最高
アメリも好きだしジャンピエール好きだ〜