天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

パパとママとお姉ちゃんが、
ちょっと恥ずかしい。
映像が芸術で、発想の大勝利映画
mmk

mmkの感想・評価

3.6
・ヘレナ・ボナム=カーターがいい味出してる。ていうかこの女優さん、変な人の役しか見たことないけど他の役も観たいなぁ
・タピオカ〜〜
・生粋のカウボーイお父さんかっこよかった
ヘレナ・ボナム=カーターが好き。
初めて知ったのはメル・ギブソンの「ハムレット」そこから「フランケンシュタイン」「ファイト・クラブ」近年はキワモノおばさんみたいな役柄が多いが、それでも好き。
彼女が家族を愛する姿がまた愛おしく素敵な女性だな。

レンタル

このレビューはネタバレを含みます

予想外のハートフル映画。

大人顔負けの天才で、一見達観してるようなT.S.だけど、「父親のお気に入り」だったレイトンの死の瞬間を一人で目の当たりにして、ずっと心にモヤモヤを抱え込んでた。

自分なんかいなくてもいいと思って?レイトンとは違う自分の道があると思って?一人でワシントンD.C.に行ったのかな。

普段はそれぞれ自分の好きなことに夢中で、ときどきケンカもするんだけど、結局はお父さんもお母さんもお姉ちゃんもすごく愛情深くて、あたたかい。
素敵な家族だなーと思いました。

サーカスみたいな画面構成や、モノローグ、おしゃれでコミカルでかわいい。
saori

saoriの感想・評価

4.5
パッケージに惹かれて鑑賞
家族の暖かさに感動
愛情は言わないと伝わらないこともある
天才少年が家出して授賞式に出る話。
色彩、映像はキレイ。
コミカルな皮肉が散りばめられているが、
コミカル故に薄味で物足りない。
ラストの落としどころも意外性なし。
イカれた家族は松だけどとまり木。
ame

ameの感想・評価

3.0
天才だけど子供の視点っていうのが、純粋で切れ味があって。大事な標本や方位磁石を持って旅に出たのに、壊れてしまって、それが弟と重なって哀しかった。自分のマツの木を確認したかったのかな。
ehonwolf

ehonwolfの感想・評価

4.0
2Dにて映画館で鑑賞。
映像美を堪能できるという点ではジュネ監督らしいが、今回はターゲットがファミリー視聴者なのか、シニカルな毒気はほとんど感じられなかったのがやや残念。お子様と一緒でも安心^^。
家族全員が変人だなんて素晴らしすぎる。特にママ、最高です。変人故、両親共に子どもへの愛情表現が独特すぎて子どもに伝わりにくいけれど、彼らなりに心底家族を愛しているのだということが最後には伝わる。
そしてアメリカ横断鉄道の旅の壮大な景色がとにかく美しい。
是非大きなスクリーンでの鑑賞をおすすめします。
an0nym0us

an0nym0usの感想・評価

3.8
人は最短距離を選びたがるけれど…
いつだって上手くは選べない。

目の前に立ちはだかる壁って何なんだろうって考えたら…思ったより簡単に答えが出た。

壁の名前は…『心』だった。

羽ばたくのも、叩き落されるのも全部…
この胸から出てくるものに起因してる。

どんな天才にでも解き明かせない難題。

子供心を表現したおもちゃ箱みたいな世界観…子供視点を巧みに使って、大人社会を皮肉るような描写も散りばめられてた。

でも本当はね…

優しく、抱き締めて欲しいだけ。
頭を撫でて、微笑みかけて欲しいだけ。
だって…天才だけど、まだ子供だもん。

そんな些細なことを見つけに旅に出た。

時には大きな遠回りが、本当に大事なものに気付かせてくれる。

自分を始めさせてくれるのは、どんなに輝かしい賞賛でも、大事な弟の死を乗り越えることでもなくて…

そのままの自分を認めて…
そして、認めてもらうこと。

そうじゃないと不安で…
不安でしょうがないね…

え?ファンデーションがないね?
うーん、それは困っちゃうね(´ω`)←節穴w

お前のそういうおバカなトコは認めない?

またまたぁ…実は好きなくせにぃ(。-∀-)
忙しくて端折り気味でサーセン(爆)

ラストは爽やかな読了感。
素敵な永久機関(仮)でした😊

それにしてもトースター壊しすぎ😅
みー

みーの感想・評価

3.5
チグハグな家族構成で途中はよく分からなかったけど、最後が丸く収まって良かった。
周りと比べることで感じる何かがある。
カナダとフランスの合作映画ということでアメリカへの皮肉を少し感じた。
アメリと同じ監督