天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

ももこ

ももこの感想・評価

4.9
ジャンピエールジュネ監督の映画。
『アメリ』よりも好きかもしれない。
初めてアメリカに行ってみたいと思った🇺🇸

綺麗な映像
素敵なキャラクター
ほっこりする物語
ちょっとの理解できない世界観
あき

あきの感想・評価

3.9
出てくるもの全てが可愛い!
色彩と小物のセンスが兎に角イイです。

物語は少年視点で、大人の描き方はわりとステレオタイプだったりカキワリだったり。
世界と調和のとれない少年の思うところ、どーしよーもないもどかしさみたいなもの。
それらをユーモラスに暖かく描いてます。
ホッコリしました。
ま

まの感想・評価

2.5
ポスターとコピー
(泣き方だけが、わからない)
に惹かれて観ました。

天才少年ゆえの生きづらさ。
みたいなものが描かれることを
(勝手に)期待したのですが、
あまりそういう感じではなかったです。
でも、ふつうにたのしい作品でした!

「水滴がすばらしいのは
最も抵抗の少ない経路をたどること。
人間はまったくもってその逆だ」
nana

nanaの感想・評価

3.2
かわいい。人形のフリするところ超かわいい。でもフランス映画はちょっと苦手かな。
FRAN

FRANの感想・評価

3.9
ジャン ピエール ジュネ味を美味しくいただける映画。映像センスとテンポのよさが心地よく、早起きして一気に鑑賞できました。
よもぎ

よもぎの感想・評価

3.5
主人公の子がかわいかった。

まぁ面白かったんだけど、家族との和解シーンをもっと盛り上げてほしかったかなぁ
家族愛もの?というよりも単純に天才子役が出てくる映画が好き。
山本郁

山本郁の感想・評価

4.7
想像以上に家族愛のテーマが大きくて、最後は普通に感動した。少年のロードムービー的要素もあり好みの作品
家族1人ひとりの個性が魅力的

とにかくスピヴェット君が可愛いに尽きる
スーツ姿で髪型もキメている時は、うんと凛々しい、メガネ姿の破壊力も。
旅の準備で大きな鞄に大事なモノ順に入れていくシーンとトレーラーの中でパネルに紛れ込むシーンが大好き!

壊れたトースターをあえて飾る、スピヴェット君をT.S.と呼ばせる、父と母の職業設定など監督のセンスの良さを感じる
アメリカの田舎の景色や夕焼け、列車からの流れる景色がとてもキレイ。Blu-rayだったから尚更
ジャンピエールジュネ監督作品の常連俳優の役柄もマッチしすぎてて流石です
ヒッチハイクカーのおじさんの人柄もかなり素敵

最後の方のカウボーイ父と昆虫博士の母にはやられます、泣けた。
A

Aの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

独特な演出が印象的でした。

貨物列車でアメリカ大陸横断するなんて楽しそう!
途中で警備員に見つかりそうな時に、キャンピングカーの中のパネルに紛れているT.Sが可愛かったです笑
yuki

yukiの感想・評価

3.4
スピヴェットの冒険物語
最後がちょっと感動的だった

アメリの監督と同じ監督だからか、
やっぱりストーリーの展開が不思議