天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

湯

湯の感想・評価

-
友達と映画館で見た
視力すこし悪いのにメガネを忘れたせいで字幕が読めず何も理解できなかった
無声映画と変わらなかった
たぶん発明家の男の子が何かを探しに田舎からニューヨークとかの都会の方へ旅をして発明の発表をしてお母さんとお父さんと再会してお家に帰る
こういう、分かりやすくてセンスの良い映画は好き。サントラ欲しい。
ファ

ファの感想・評価

-

シカゴの警官おじさんが可愛い
紙板と人間の区別つかないの、冷静に考えたらヤバいよな
ずー

ずーの感想・評価

3.5
途中シカゴに行くまで少し冗長に感じたけど、
心温まる可愛らしい映画だった!

ジャンピエールジュネ作品はアメリとこれしか観たことないけど、図が出てくる感じや妄想シーンは監督の色なんだろうなー。
私はこっちのほうがアメリより好き
ミー

ミーの感想・評価

3.6

キャンピングカーの板になりきるシーン、女の子に逆立ちして見せるシーンが好き
かず

かずの感想・評価

3.2
T.Sの理屈的な表現の仕方や風景などの映像美が素晴らしかったです。
見ていて、T.Sのスピーチのシーンは切なくなり、ラストに向けて家族が思いを打ち明けていく様子はとても感動しました。そして家族愛をとても感じられる映画でした。
よこ

よこの感想・評価

4.0
10歳にして天才で、スミソニアン協会から表彰されたスピヴェットが、実家の牧場から協会を目指す物語で、大きなテーマとして家族愛なのかな。
私の中では、少年が旅を通して家族や自分と向き合っていくロードムービーです。弟がまた、良いとこで出てくるのね。

まず、スピヴェットの描くとうもろこしの絵が素敵すぎ…。
スピヴェットかわいいな〜と思いながら観てると、ふいに名言がぐさっと刺さるのもよかった。

兄弟って難しいし、双子ならなおさら色々考えてしまうこともあると思う。
自分と比べて悩んだり、思いつめたり。愛情が自分に向いてないとか、そんなことないのにそう思い込むの、本当につらい。家族の死に直面すると、その状況にもよるけど、腫れ物ののように触れられなくなることもある。
それを受け入れて、少しずつ前に進んでいける希望を感じて見終えることができたのでよかったです。

スピヴェットは家族から離れて、その大切さを感じた。母親の日記の存在も大きかったけど。
親や兄弟が自分を想う気持ち、家族の優しさに気づいて大人になっていけることは、とても幸せなことだと思う。

エンドロールまでかわいくて素敵でした *
とらみ

とらみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

旅してるシーンはずーっと胸が苦しかった
コミカルな天才少年の冒険みたいにあらすじに書いてあるけど全然そんな感じはしなくて
天才ゆえの孤独と言っちゃえばそうなのかもしれないけど、家族の中での疎外感、罪悪感、見捨てられ感、そういう苦しさがずっと付いて回った
だから唐突に家族仲良く大団円は違和感がすごくて、それまでの苦しい悲しい気持ちはこんなことで丸く収まるの?って感じ
主人公目線で言えば子供だからこそ単純なことで落ち込んだり気分が上がったりするっていうことならこれでいいのかもしれない

映画の中の演出やポップでカラフルなのはとても好みで良かった
まゆ

まゆの感想・評価

3.4
この監督といえばおフランスなイメージを自分勝手に持っていたので、アメリカ、カントリーチックな始まりにあれれ?となりましたが、旅へ出発した頃からああ、やはり私のイメージする監督だ…とか思いながら見ました。夜中の列車、コンビナート、ヒッチハイクの旅!素敵でした。ホットドッグ屋さんの店員さんも良かった。スピヴェットが怪我の部分を触られてううっ!っと毎回言ってるのもとても可愛い。スピヴェットが描く絵とエンドロールも素敵素敵。珍しく映画を一緒に見たい、これが面白そうだと誘ってきた旦那は思った通りの寝落ちでした。
すげぇな、凄いの一言

10歳であの頭のよさ

やっぱり家族って良えな〜