天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 400ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

風景は美しい。が物語は淡々と進み特別な落とし所も無く3D映像の必要性に疑問を持った。見やすかったが見終えて何か心に引っかかったものがあるかというと。。?
伏線などの回収の割にそのタネがあっさりしすぎかな。
ミ

ミの感想・評価

4.3
アメリより、幅広い世代に好まれるだろう作品。2度ほど泣かせるシーンあり。何より主演の男の子が可愛すぎるため、加点。
家族に自分も愛されてたんだって感じたときのT.S.の表情は秀逸です。
しまった…冒頭から世界に入れず、気がつけばエンドロール。面白くないわけじゃないんだろうけど、相性が悪かった模様。
stk

stkの感想・評価

4.1
アメリより好き!笑
3Dみてみたかったかも。ロードムービーありつつ、家族のヒューマンドラマ。ユーモアとシリアスのかけ具合は絶妙。
AyuMiX

AyuMiXの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい!!

音楽も、映像も、セリフも、演出も、すごくココ!って所で決まってる。尺も2時間なくて集中が切れることがない。

アメリがそんなに好きではないが、今回はすごく良かった。
それは、主人公が子供になったからだと思う。
子供になることで、想像や行動に突拍子がなくても素直に受け入れられる。(前回は良い歳した女というのがどうもダメだった)

そして全ては家族に繋がる。スピヴェットの願いが叶う頃にはすっかりスピヴェットに夢中だから、心からハッピーエンドを喜べる。

旅の準備の所がたまらなくお気に入り。

3Dであることにすごく意味を持つ作品久々です。妄想や想像がフワフワしてて可愛い。

ただ、かなり圧迫感ある3Dだったから前が好きな人でも(私)少し後ろを勧める。
kazuかず

kazuかずの感想・評価

4.4
2D字幕で鑑賞しました。

アメリカ西部の田舎に住む家族。

カウボーイマニアの父、昆虫博士の母、田舎暮らしに飽き飽きした姉、そして二卵性双生児のレイトンとT.S.スピヴェット。

レイトンは父にとって理想の息子であり、体格もよくカウボーイにも夢中。方やスピヴェットは頭脳明晰で天才少年であり家庭ではちょっと浮いた存在。電力無しで半永久的に動き続ける機械を設計し、権威あるスミソニアン博物館の賞を受賞する。

ある日、双子の兄弟が納屋で銃を使った実験をしてる最中に銃が暴発してレイトンがこの世を去ってしまう。スピヴェットは責任を感じて家族と離れる決心をし、受賞したスピーチを行うためにスミソニアン博物館のあるワシントンへ一人で旅立つ。

映画の一つ一つのシーンが、ポップでキュートでシュールでニヤリとしてしまう。
また劇中に出てくる印象的なシーンの数々(列車のキャンピングカーに乗って逆に進行、ブランコの女の子とのやりとり、作り笑いの構造etc)、スピヴェットの想像力の豊かさを見事に映像化していて、とてもハッピーで笑いと優しさに包まれた105分でした。

スピヴェットを演じたカイル・キャトレットと母親を演じたヘレナ・ボナム=カーターが、素晴らしい演技をしています。

キャスト全員がフィードバックされるエンディングロールもGOOD!

2014.11.19 シネリーブル神戸
di_atom

di_atomの感想・評価

4.1
3D鑑賞に適しているかどうかは置いといて兎に角スピヴェットの少年っ振りに子ども時代の自分に想いを飛ばしてジワッとくること請け合い、兄弟家族っていいな、ヘレナボナムカーターってこんなに素敵なんだな、変わった役やり過ぎてるから変わってる母親役なのにマトモに感じた(笑)
Saki

Sakiの感想・評価

4.1
映画館にて3D鑑賞。
純粋に好みの映画だったため評価はいつもより甘め。
スピヴェットが考えていることや感じていることが、映像として可視化しているとこが面白いと感じました。
例えば、卵を割ることなく落とす方法、父親がお酒を飲む手の動きの法則、自分が歩く歩幅と時間と歩く立地の関係性など…
田舎から大都会へ旅をする場面では、小さなスピヴェットが大きな壁をいくつも越える様子に一喜一憂できました。
頭がよくてたくさんイメージして、計画していても、旅はハプニングがつきものですからね。
スピヴェットだけではなく、家族もキャラが濃くて見応えあります。
ラストはトントン拍子に感じましたが、幸せな気分で観終わることができました。
お気に入りポイントは、旅のきっかけを作った講義のシーン。
講義室可愛かったし、教授に自己紹介するスピヴェットがちょっぴり生意気で可愛らしいです。
エンドロールで旅の途中で会ったオトナたちがまたでてきたのもお気に入り。
りょへ

りょへの感想・評価

4.4
あらすじなどを見た限り、これを3Dで観る意味はあるのかなーなんておもってたけど、3Dよかった!

モンタナの大自然とか、煙やらホットドッグやら科学者の発明品やらいろんなものを浮かす演出が3Dならではでとてもたのしかった。

とてもおもしろかった!!
終盤がいまいちだったかなーとはおもうけど。
AsCinema

AsCinemaの感想・評価

1.5
マコーレーカルキンのホームアローンとの比較論


・舞台が田舎になって
・置いてかれるんじゃなくて自分が家出
・得意なのはいたずらじゃなくて科学
・マコーレーカルキンのほうが演技が上手で引き込まれる

結論:天才はマコーレーカルキン

--------------

思ったより内容なかったです₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾

とにかくまたしても日本のコピーがゴミ。
配給会社のセンスのなさがまた露呈される結果に。

母性本能がある人には、主人公の男の子がかわいいとか

子供がいる人からしたら、親子の愛とか(若干)

若くして天才の子をフォーカスする意味は全くなかったですし、弟を殺す目的はなかった気が、、、

グランドブタペストホテルを観た時よりも、何も残らない

なんかオシャレな感じとかいいテンポとか出してるつもりなんだろうけど、それって映画としてのストーリーがあって初めて評価されるもので

設定だけ凝って中身がついて来なかったかんじです

景色が超綺麗なのはよかった!
LIFE!みたいな感動がありました。