天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

A

Aの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

独特な演出が印象的でした。

貨物列車でアメリカ大陸横断するなんて楽しそう!
途中で警備員に見つかりそうな時に、キャンピングカーの中のパネルに紛れているT.Sが可愛かったです笑
yuki

yukiの感想・評価

3.4
スピヴェットの冒険物語
最後がちょっと感動的だった

アメリの監督と同じ監督だからか、
やっぱりストーリーの展開が不思議
mishio

mishioの感想・評価

3.9
スピヴェットが可愛すぎる。
スピーチの3つ目で泣いた。
家族愛が素敵だなー。
夫婦の在り方が凄い憧れる。
こういう映画は、
心が穏やかになれるから良き。
ケイ

ケイの感想・評価

3.6
カウボーイに憧れる父と昆虫学者の母、天才の息子という風変わりな家族
貨物列車に乗って旅をするシーンは素敵
Uramacheri

Uramacheriの感想・評価

4.0
観始めてまずヘレナボナムカーターが出てて大喜びしたし、私が好きな作りの映画でとても良かった。

『窓ガラスの水滴が美しいのは、最も少ない抵抗を辿って流れていくから』というセリフが印象的。
物理が好きな理系には嬉しいストーリー。
科学とカウボーイという対比も良かった。
miyuking

miyukingの感想・評価

3.7
「その少年は、泣き方だけ知らない」はなんかちょっと違う気するけどなぁ。

リトルミスサンシャイン的な良さ。

少年視点の回想と物語の進みの見せ方が良かった

母様役の人、初めましてがベラトリックやったから何しててもまだ違和感のこる笑
ジャケットからのイメージと違っていい意味で裏切られた。

貨物列車の旅は憧れる。
色々な人との出会いがあり、感じることがある。
TSの独創的な視点とそれらを映像にしてるところが面白い。
最後もいい。
だんだん毒が抜けていくジュネ監督、毒が抜け過ぎてちょっと悲しい。あの頃の独特の世界観は何処へ?
いやいや、毒の有無は単に私の好みの問題であって作品の良し悪しとは関係ない。だからここは色眼鏡を外してみます。

うん、オシャレな可愛らしい作品。主演の天才少年の愛くるしさ、悲しみを乗り越えて絆を深める家族。それがお仕着せがましくなく、ユーモアを交えて描かれる。
ただ、キャラがもうひとつ深みに欠けて子供を喰いものにする大人もステレオタイプ、ちょっと残念。
他の監督作品と言われても信じてしまいそう。それくらい‘ふつうの’素敵な作品だった。
「凡庸さは心のカビよ」とお母さんに言わせているけれども…

お母さん役のヘレナ・ボナム=カーターは存在感あるいい女優だ。
colga

colgaの感想・評価

3.5
カウボーイの父と
昆虫学者の母、そして姉。

天才なのに時折見せる子供らしさ。
アメリカを横断しよう決断し
ワシントンまでひとり旅。
その間に出会った人たちの優しさ。

授賞式で話した3つのこと。

スピヴェット可愛い
Mamiko

Mamikoの感想・評価

3.8
最後が感動的。弟を想って悲しい顔をするT.Sがたまらない。一生懸命頑張れるものがあるっていいね。とってもカントリーな感じの映画