天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

好み。
アメリとは別物かな?
永久機関好きにはたまらない映画!
Yuji

Yujiの感想・評価

4.2
ひとまず鑑賞メモのコピー


風景

車内で映るサイドミラー
トースター
コウモリ

準備物説明シーンかわいい
警備員から逃げるシーン

列車のシーンステキ
松がスズメを救う話

窓を映すやつええやん
TSが一人でシーソー
街にやってきたってシーン

列車から降りるところ。
上から覗けば地面のジャリが背景に。

誰のせいでもない
what happen just happen
Pii

Piiの感想・評価

3.3
この監督ならではの不思議な世界観。
子どもが可愛い。
でもロストチルドレンほどの衝撃はなかったなー。
フランス映画はオシャレ🇫🇷
Msk

Mskの感想・評価

4.2
音楽も景色も何もかもいちいち洒落てる。
T.S.のことも好きだけど、あの夫婦の距離感もなかなか好きだったな。。笑

笑えるし泣けるしまた観よう!
なかなか笑いながら見れる作品
TSがかわいいけどかっこいい
結局彼が確認したかったのは、家族から愛されていることだったのかもしれない

主人公を務めたカイルくんが本当に6ヶ国語話せて武道トップクラスということに驚き。リアルTSスピヴェットではないか。
m

mの感想・評価

3.0
「凡庸さは心のカビよ」

期待しすぎてしまっていた。
面白いことには変わりないけれども。
繰り返し見たくなるわけではない作品。
はる

はるの感想・評価

4.6
双子って不思議な関係なんだろうな。同志でありライバルであり。自分が半分なくなるような感覚なのかな。
家族のみんなも、冒険の途中で出会う人々も、みんな素敵だった。
nao

naoの感想・評価

3.9
飛び出す絵本のような映画。
まだ10歳の天才科学少年スピヴェット君が家族に内緒で家出をし、アメリカを横断するストーリー。

めちゃくちゃ感動するってほどではないけど、この監督の世界観はやっぱり素敵!

この不器用な家族の物語を見ていると、人は大人も子供も繊細で弱く、だから毎日ずーと一緒にいてもコミュニケーション不足は誤解を生み、いろんな愛情が見えなくなってしまうもの。
バラバラな家族のようにみえて、本当は大きな絆で結ばれているという、最後にはほっと落ち着く暖かくて優しい感動を味わうことができる映画。

子供の繊細さ、大人の不器用さ、たまに出る皮肉たっぷりな表現もこの監督っぽくて好き。
スピヴェット君が家出前に必要な物をトランクに詰めているシーンが可愛くて好きだなぁ。
MKQ

MKQの感想・評価

-
ボナムカーターが綺麗だった。
アメリとかデリカテッセンに比べるとはしゃいでなくて西部の雰囲気になってた。
子役の子の演技がよかった。
megumi

megumiの感想・評価

4.0
みんな個性全開。ちょっと笑えてジーンとくる家族のお話。
T.S可愛すぎるしT.Sのタピオカの発音もとっても可愛い。