天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

単純に家族の物語として

好き。


演出表現、キャラクターの個性どれも独特でちょっと変なんだけど
愛すべきキャラクターたちで憎めない


ただ
日本だけなのかパッケージが中身と乖離しすぎててちょこっとだけ損してるのでは?と思わないでもない

自分はこのパッケージから、あれだけあったかい人間ドラマが描かれているとは思えないでしょ
モンタナの牧場で暮らす天才少年が弟の死によって失われた家族の心を取り戻すために、大都会ワシントンを目指す話。

主役の男の子の演技が素晴らしい。
家族のために一人きりで都会を目指す。最近涙腺が弱くなったのか、このプロットだけで泣けてきます。
そんな少年の長閑なロードムービーとジャンピエールジュネ監督らしい遊び心に富んだ美しい映像が見事にマッチしていて、心踊りっぱなしでした。

前半は正直少し退屈だったけど、後半特にスミソニアンに着いてからは画面に釘付けでした。

アメリカ西部の田舎の雄大さと、家族の絆が感じられる良作だと思います。
良い映画だった。

この子の天才っぷりがメインかと思ったが家族愛だったのは意外だった。

全体的な色合いがとてもステキだ。

そして何よりもオヤジのカッコよさ!
しびれるねぇ!
惚れるねぇ!

こーゆー映画大好き。
rii

riiの感想・評価

4.0
天才だからどうのこうのっていうストーリーがメインではなかったため、思っていたのとは違かった
が、スピヴェットが家族のなかで感じた孤独さ、やるせなさに非常に共感した
しかし本当はそんな悩みなど針の穴ほどちっぽけに感じるほどの愛で包み込まれていることを知る
そんな映画だった

このレビューはネタバレを含みます

T.S.スピヴェットかわいい~~~!ほんとにかわいい!美少年!
グレイシーの「思春期の女の子」って感じもよかったな~~
冷たい家族、みたいな感じに初めは描かれてたけど最後のシーンの父親と母親の活躍とか、4人目の家族が生まれたところとかほっこりハッピーエンドでよかった🙏🏻関係ないけど「負のエントロピー」の言葉に親近感が湧いた(笑)1人でまったり観るのに向いてる映画だなあ
ま

まの感想・評価

4.0
ほっこりするけどやっぱり根底が少し寂しく感じる映画
ひとりで穏やかに観たい作品

一見すると変わり者家族だけどそれはどの家庭も他者から見たら同じなんだなーと。
あれく

あれくの感想・評価

3.7
T.Sカワイイ〜〜
家族にほっこりした

ロードムービーはすこし苦手だけれどテンポもよかったし個々のキャラがたってて飽きずに見れた

ヘレナ・ボナム=カーターの母親役がハマってていい味出してた、

このレビューはネタバレを含みます

変わってる!
なんだこの根底に闇がある喜劇。
平気で血が出てくる感じ。
なにかがおかしい。
楽しげなのに破綻している家族。
でも最後は感動した。
予告編でアレハンドロ・ホドルフスやクザヴィエ・ドラン氏の監督作品が流れたが、確かにそっち系だわ。
disco

discoの感想・評価

3.8
ホットドッグ屋の女性店主好きすぎる。スピヴェットのスピーチよりもワシントンに行く道中に感動してしまう。(はじめてのお使いに似た保護者のような気持ち)

永久運動機関である磁気車輪とはなんぞや
HidekiAndo

HidekiAndoの感想・評価

3.7
“今こうしている間にも
この国のどこかで 若きレオナルド・ダ・ヴィンチが 挑戦への準備をしている”


モンタナ州ティヴァイド
T・S スピヴェットは双子の弟レイトン、姉グレーシーと両親と暮らしていた。
T・Sはある日、歴史博物館での講義に感銘を受け、永久運動する『磁気車輪』を発明し、スミソニアン協会からベアード賞を授賞したとの連絡を受けた。
しかし自分はモンタナのド田舎、授賞式はワシントン。
一度は諦めたが、自分が認められない事への不満、両親の不仲、弟の不慮の事故等々あり、一人で貨物列車に乗り込み、ワシントンへ向かう事を決心する。

T・Sは無事に辿り着き、受賞スピーチをする事が出来るのか?


なるほどですねー!
何とも可愛らしい映画でした。
TSの頭の中や状況説明、想像シーンで入る映像がテンポ良く入ってきて、楽しいです。
兄弟愛にもグッときますね。
途中で出会うトゥー・クラウズやリッキーの話が、何とも含蓄があって、良い味出してました(TSに華麗にかわされる辺りも😂)。

とはいえ、やはり光ってたのは母親にして昆虫博士役のヘレナ・ボナム=カーターです!
正直でシニカルで、愛に溢れた、良いキャラでした。