天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価


スピヴェットかわいすぎる。絵本の中みたいな世界観とスピヴェットの頭の中がリンクする瞬間がたまらん!最後のトーストの生まれ変わりの話ほほえましくてずっとニヤニヤしとった。さすがアメリの監督!!
あこ

あこの感想・評価

-
賢いけれど子供らしさもあって、T.Sを抱きしめたくなった
T.Sを演じた子は6ヶ国語話せるみたい、本当に賢い子じゃないか
sally

sallyの感想・評価

3.7
両親の愛も大事。けれど、人を成長させるのは、自分で見て行動していく過程なのだなと。

自分の評価とは、自分ではわからない。
どんなに大人になっても後悔することも間違うこともたぶん普通にある。
だからこそ、肯定してもらえることってとてもとても大事なことなんだと思う。
それは、本当の親じゃなくとも大丈夫だろうし、親ならそれは確かにとても幸せなこと。

人間の社会は複雑だからこそ、自分の目で見て感じたことを大事にねって言ってるような気がした。

ジュネ監督の独特の世界観、私はとても好きです。
不器用でちょっと困ったキャラクターは、デフォルメされた私達なんだと思う。
ポップでユーモアのある作品。
TSの空想が具現化されて子供の頃の世界観を体感できる。

パパかっこよかった
ミカ

ミカの感想・評価

3.8
子どもらしさと天才的な一面のバランスが良く、ユニークで可愛い作品。
台詞からアメリカの銃社会を良しとしない監督の心境も感じます。
ぎくしゃくとした家族をコミカルに描く。ロードムービーな要素も見ていて楽しいがどうせならちょっと物足りない感じも。スピーチしてからの展開が少し面倒くさい。
りりか

りりかの感想・評価

3.8
オシャレで可愛かった♡
そしてなんだか切ない

天才の話はあんまり関係なく家族の話がメイン
普段クールな家族でも実はちゃんと愛してくれててほっこり
ママの日記ほっこり

TSと家族愛の可愛さと大人の汚さが真反対

カウボーイとか、ロードムービーっぽいミュージックとかがめちゃ良い♡

「水滴が素晴らしいのは、最も抵抗の少ない経路を辿ること、
人間は全くもってその逆だ」
まだまだ幼い。大荷物抱えて家を出るスピヴェットの足取り可愛い
Mai

Maiの感想・評価

3.5
天才児が色んな切り口から大人をバッサバッサ切っていくコメディ?と勝手に敬遠していて観れてなかったけどそんなイメージとは裏腹な家族映画だった。
キャンピングカーの中でマネキンになりきるシーンと逆立ちするシーンが好き。

夫から愛されてない、と思うお母さんに対して"ちゃんと愛されてるじゃない!だから子供を作ったんじゃない!"と言い切るT.S.くん、そんな君ももちろん愛されてたよね良かったよね。

一人で思い悩んでいることははたから見たら案外小さな悩み。打ち明けてみたらみんな自分を愛してくれてることがわかるんだよな〜と思いました。

と、ちょうどプライベートで同じようなことを思っていたところだったから、やっぱり映画って主観で観ているものだよなとも感じました。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

3.0
(過去鑑賞記録用)

兄弟を亡くした天才少年が一人旅をする話。

映像も可愛くてキレイだけど、イマイチ物足りなかった…。