Gibbs

白鯨との闘いのGibbsのレビュー・感想・評価

白鯨との闘い(2015年製作の映画)
3.5
単なる人間vs鯨の話ではなく、プライドのぶつかり合いや極限状態に置かれた人間の選択など、人間の生き様を描いた作品でした。

白鯨は不思議な存在に感じました。捕鯨船の乗組員から見たら巨大な悪魔となりますが、別の見方をすると欲に駆られた人間に鉄槌を下す存在のようにも見えます。

捕鯨や白鯨のシーンも迫力があって良かったのですが、漂流が始まってからの乗組員達の様子が特に印象に残っていますね。


「水の無駄だ」というセリフ、 クジのシーン、岩と砂礫の孤島で見せつけられた厳しい現実など、漂流中の様子は観終わった後にいろいろと考えさせられるシーンが多かったです。

壮絶な展開でしたがラストはわりとスッキリ終わっていたので後味は悪くないと思います。


キリアン・マーフィーが演じたマシューの酒瓶が気になります。