ぐみちょこ

白鯨との闘いのぐみちょこのレビュー・感想・評価

白鯨との闘い(2015年製作の映画)
3.7
邦題は間違いではないけれど白鯨の印象よりも海・自然との闘い、漂流記と言った方が近い表現。

ほぼ序盤しか見ることができませんが捕鯨基地の海の街並みが素敵!
前にも書いたのですが海とか漂流とかすごく好きです。エセックス号や白鯨のことを知らなかったので素直に楽しめました。しかし想像よりもあまりに過酷な航海、自然や海の恐ろしさ、次々に起こる災難、と全体的に重く生き延びる為の"恥ずべき行為"には思わず目を瞑りたくなりました。
だからこそ、ベン・ウィショー演ずるライターのメルヴィルが聞き手となって若手航海士だった当時の経験者が過去を語る、という構成が観客には優しい配慮だったように思います。正気を失いかけている人物たちの視点のまま進めず、現在というタイムラインを置くことで壮絶な展開が緩和されておりああいう直接的な表現が苦手な一人としてはかなり助かりました...。

だがなかなか万人受けし辛い点もある。
人間の欲深さ、傲慢さをこれでもかと前面に押し出した際物揃いな登場人物たち。とても感情移入はできず共感できるというわけでもないので神の怒りが下るように白鯨が襲いかかろうともなかなか擁護し難い。

アクションシーンは迫力満点、丁寧に撮影されていた感じがあり非常に好印象でした。鯨のCG感も薄く、映画ならではのスケール感が味わえます。今回2Dで観ましたが内容だけで疲れるので3D、4DXは選ばなくて良かったかも...。

あとインポッシブルでも演技派だったトム・ホランドくんがなかなかの活躍っぷり!あの大人メンバーの中で唯一の癒し。これからが楽しみな俳優さんです。