ハヤシダイスケ

インヒアレント・ヴァイスのハヤシダイスケのレビュー・感想・評価

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)
3.9
ホアキン・フェニックスとジョシュ・ブローリンとベニチオ・デル・トロという濃い顔が同じ画面に収まってるだけでもワクワクするし、ポール・トーマス・アンダーソンの映画だし、マーチン・ショートやエリック・ロバーツにも再会できる。
内容はちょっとトリップ感のある不思議で難解なもので、「面白いか?」と聞かれたら誰にでも「面白い!」と言えるものではない。70年代の西海岸のフワフワの中を、頼りない探偵(ホアキン)と一緒に(なんかめんどくせぇなぁ…厄介だなぁ)と巻き込まれていく不思議な感覚になる。