Denkishino

カリフォルニア・ダウンのDenkishinoのレビュー・感想・評価

カリフォルニア・ダウン(2015年製作の映画)
3.0
フィクションですので、現実の事柄とは離しての感想です。

久しぶりの災害系映画でした。
ストーリーは王道。
観ていて安心する方向であります。
しかしながら、主人公のやってることが「レスキュー隊のリーダー」としては如何なものかと思う部分がチラホラ。
まず考えるのは、主人公をただの一般人にしてしまうと、
数多の困難な状況を抜け出させるには、主人公が都合のいい超人化をしてしまって現実味が浮いてしまう。
ですから、主人公が元々災害に強い設定だと無理が少なくなります。
ただそうすると、家族を助ける以外にも他にやらなきゃいけないことが出てきますが、これを今作ではほぼ無視。

災害発生直後、ヘリのシーンで
他の隊員無線で「こちらは大丈夫だ!幸運を!」
って、隊のリーダーなのにそりゃちょっと無いような…(笑
それと、専門家のくだりは必要だったのでしょうか…?

災害シーンは迫力あり。
ただ、この手のCGのよく観る光景の連続である感も。
ぼーっと観るには良い映画だなという感想です。