ジャッジ 裁かれる判事の作品情報・感想・評価

ジャッジ 裁かれる判事2014年製作の映画)

The Judge

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

“金で動くやり手弁護士”として名を馳せる、ハンク・パーマー。一流法科大学を首席で卒業したが、並外れた才能は金持ちを強引に無罪にすることだけに使ってきた。そんな彼にとって弁護士史上最高難度の事件が舞い込む。人々から絶大な信頼を寄せられる判事ジョセフ・パーマーが、殺人事件の容疑者として逮捕されたのだ。しかも彼は、ハンクがこの世で最も苦手とする絶縁状態の父親!法廷で42年間も正義を貫いた父が殺人など犯…

“金で動くやり手弁護士”として名を馳せる、ハンク・パーマー。一流法科大学を首席で卒業したが、並外れた才能は金持ちを強引に無罪にすることだけに使ってきた。そんな彼にとって弁護士史上最高難度の事件が舞い込む。人々から絶大な信頼を寄せられる判事ジョセフ・パーマーが、殺人事件の容疑者として逮捕されたのだ。しかも彼は、ハンクがこの世で最も苦手とする絶縁状態の父親!法廷で42年間も正義を貫いた父が殺人など犯すはずがない──最初はそう確信していたハンクだが、調べれば調べるほど、次々と疑わしき証拠が浮上する。殺された被害者と父との歪んだ関係、亡き母だけが知っていた父の秘密、防犯カメラがとらえた不可解な映像──。裁判は劣勢に傾いていくのに、犬猿の仲の2人は弁護の方針を巡って激しく対立する。果たして、父は殺人犯なのか?深い決意を秘めた父の最後の証言とは──?

「ジャッジ 裁かれる判事」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

4.0
男同士ってなんでこんなに不器用なんでしょう...
夫として完璧でなく、それ故に父親としても完璧でなく、息子としても完璧でない役を演じたロバート・ダウニーjrが完璧でした。

"父は犯人なのか"
kai

kaiの感想・評価

4.0
いい映画だった!

ロバート・ダウニー・Jrとロバート・ドゥヴァルの父子の名演だった。
ロバート・ダウニー・Jrは大人と子どもが同居したような役柄が良く似合うと思った。

ビリー・ボブ・ソーントンの眼差しはやはり魅力的。
サスペンスな煽り文句なんだけどヒューマンドラマなので、裁判でどんでん返し!みたいなのを期待すると肩透かしを食らうけど、ええ話
haru

haruの感想・評価

4.3
だいぶ長い時間、絶縁状態の親子。

父はその道40年以上のお堅い判事。
息子は金のためなら何でもやるぜのちょい悪弁護士。

そんな父に第一級殺人の容疑がかかる。

ただでさえ複雑な関係の親子は、弁護士と雇い主という形に関係を変え、一緒に法廷に立つことになる。

裁判という『誓いの場』でだからこそ明らかになった、事件の真相とその悲し過ぎる背景、そして実は心の中に隠し持っていた何よりも強い親子の愛。

裁判シーンはずっと目頭が熱くなりっぱなしでした。


このシチュエーションでなければ、きっとお互いに本当の気持ちをさらけ出すことは、一生無かったんだろうなぁと思います。
殺人の疑いをかけられ、良かったんだか悪かったんだか(笑


久しぶりに人に薦めたい映画でした。
ザン

ザンの感想・評価

3.8
孫娘とこわもて爺さんロバート・デュバルが初対面するシーンが微笑ましい。裏手に川が流れるレストランが印象的。風光明媚な当地のイメージが自分にないのが残念。疎遠だった家族と絆を取り戻していくのはいいとしても、出身地の元カノとよりを戻しかける過程は、娘も絡んで、やや気味が悪い。
【レンタル】

よくある法廷ミステリーものだと思って鑑賞。良い意味で期待を裏切られた。

父に認められたいのに、その承認欲求がなかなか満たされない三兄弟の次男ハンクを演じる、ロバート・ダウニー JR.がハマリ役。良くも悪くも「血は水よりも濃い」と昔の人はよく言ったもので…私も両親と折り合いが悪い。その理由の一つに、弟と私に対する両親の対応の違いがある。(本人達は無意識かもしれないが)複雑な思いがあるため、私は主人公のように、実家にもしばらく顔を出していない。

父(判事)が息子を認めるシーンでは図らずも涙してしまった。
1303

1303の感想・評価

3.2
血の繋がりの有無に関わらず環境やそこに因む思考、想い、極端に言えば個体としての違いが食い違いを生むため私達が完全に判り合うことは永遠にありません。

ただその中にほんの一瞬だけある共感や理解に憧れながら生きてゆく苦しみと喜びに振り回される事こそ人生だと言っているように感じました。

リアクターの付いてないロバートダウニーJr.を久しぶりに見た気がします。
三本足

三本足の感想・評価

2.0
9539/242

ミステリーでもサスペンスでもなんでもない

すれ違いとか誤解とか
こーゆーのほんとうざい
何かの壁が親子を引き裂いたわけでもなんでもない
ただ親をほっといただけでしょ
そりゃそーなるやろ

あとになってから
だらだらタラタラ
あの時こー思ってただの
あー思ってただの聞かされるのが
ほんっと時間の無駄
あの時言えよ
言わないならもう言うな
死んだと思って縁切れよ

中途半端に縁切るから
結局まきこまれるのよ

トニースタークにしか見えん
サスペンスではなく、親子ドラマの要素強め
>|