ジャッジ 裁かれる判事の作品情報・感想・評価

ジャッジ 裁かれる判事2014年製作の映画)

The Judge

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

“金で動くやり手弁護士”として名を馳せる、ハンク・パーマー。一流法科大学を首席で卒業したが、並外れた才能は金持ちを強引に無罪にすることだけに使ってきた。そんな彼にとって弁護士史上最高難度の事件が舞い込む。人々から絶大な信頼を寄せられる判事ジョセフ・パーマーが、殺人事件の容疑者として逮捕されたのだ。しかも彼は、ハンクがこの世で最も苦手とする絶縁状態の父親!法廷で42年間も正義を貫いた父が殺人など犯…

“金で動くやり手弁護士”として名を馳せる、ハンク・パーマー。一流法科大学を首席で卒業したが、並外れた才能は金持ちを強引に無罪にすることだけに使ってきた。そんな彼にとって弁護士史上最高難度の事件が舞い込む。人々から絶大な信頼を寄せられる判事ジョセフ・パーマーが、殺人事件の容疑者として逮捕されたのだ。しかも彼は、ハンクがこの世で最も苦手とする絶縁状態の父親!法廷で42年間も正義を貫いた父が殺人など犯すはずがない──最初はそう確信していたハンクだが、調べれば調べるほど、次々と疑わしき証拠が浮上する。殺された被害者と父との歪んだ関係、亡き母だけが知っていた父の秘密、防犯カメラがとらえた不可解な映像──。裁判は劣勢に傾いていくのに、犬猿の仲の2人は弁護の方針を巡って激しく対立する。果たして、父は殺人犯なのか?深い決意を秘めた父の最後の証言とは──?

「ジャッジ 裁かれる判事」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

4.0
男同士ってなんでこんなに不器用なんでしょう...
くま

くまの感想・評価

4.5
私の下半期のベスト映画かもしれない。とても良かった。
判事の父親に弁護士の次男。兄弟仲は良いものの、親子仲は最悪だったが、ある事件をきっかけに冷え切った関係が少しずつ溶けていく。ロバートダウニーJr.が演じる次男の見せる夫、父親、息子それぞれの顔がなんともリアルだった。
歳をとって頭がガッチガチになったじいちゃんも親であることには変わりない。不仲ながらも身体を気遣ったり親の自尊心を大切にしたりする行動から、家庭では家族に愛情を持って接していることが伺えた。冒頭の自信家で傲慢とも捉えられかねない仕事での言動と比較することで、次男の“実は良い奴”感が浮き彫りになってくる。わざとらしくなく、よくある日常生活の隅々にそういったシーンが散りばめられており、演出演技に拍手を送りたい。
三男の8ミリカメラの映像も美しく見所。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

家族の絆について、心に響く作品です。コメディタッチな部分も多くて重々しすぎないところがとてもいい。ただ、結局判事(お父さん)は本当に故殺を起こしてしまっていたのか、その真実を知ることができなくてもやもや…確かにいい作品ではあるのですが、ストーリー的に少し物足りなかったです。
見直し🙌✨

これ めちゃくちゃ好き🎵

ロバートタウニーJr.とロバートデュバルのダブルロバートです😂

身勝手で頭が良いのにちょいちょい嫌われてる人間像はトニースタークに似てるかも笑笑

そーゆーキャスティングかな?笑

アイアンマン、シャーロック・ホームズ、で、これ 声優は藤原啓治さんで安定して聞けます✨(しんちゃんのヒロシの声の人!あ、前の笑)

法廷モノやけど 親子のドラマが主軸で親子再生モノ?感動です😂

兄弟モノ要素もあるかな?笑


ダウニーJr.の自己中やけど奥に優しさのある感じが たまらん😍
実生活ではヤク中の過去もある おかしい人やけど笑

これはオススメしたいね🎵
好き嫌いはあると思うけど笑笑

※法廷サスペンスでは ありません笑

このレビューはネタバレを含みます

 やり手の弁護士の主人公が父親の判事が殺人事件の容疑者となっちゃったので、弁護しながら親子の再生の話。

 ロバートダウニーJr演じる主人公は都会でやり手の弁護士としてやっていて正義よりも金儲け主義で、ロバートデュバル演じる父親は小さな町で判事として何十年もやっていて頑固親父。この役者さんにアテガキされたようなキャラクターをそれぞれが得意分野な感じで見事に演じていてそれが面白かったです。
 撮影もヤヌス・カミンスキー御大がやっていて綺麗な映像を見てるだけも満足でした。

 昔の因縁の相手をひき逃げした疑いで父親が裁判にかけられて息子が弁護士をやってというのがメインの流れになりますが、裁判劇として見ると肩透かしで。想定内で終わってしまうのが残念でした。それよりもその裁判を通しての父と息子の物語がメインでした。
 やり手の検事でビリーボブソーントンが出てきたりして、期待の高まる裁判劇っぽかっただけに残念でした。

 父親の病気だったり元カノとの再会だったりが合間合間に出てきたりして退屈はしなかったですが、140分はちょっと長いかな? と思いました。最初に弁護することになる使えない若手弁護士のくだりとかいるのかな? というのとかも思っちゃう映画でした。
rio

rioの感想・評価

4.1
胸が潰れるぜ
モリ公

モリ公の感想・評価

3.3
いつだってロバートダウニーJr.はこういう役がハマり役。だがそこがかっこいい。

法廷ミステリーというよりわだかまりを抱えた家族の物語、ホームドラマという表現の方が的確だと思った。
ヒーロ

ヒーロの感想・評価

3.7
予想していたどんでん返しがなくて肩透かし感はあるけど、その分親子の確執を上手く描いている。
Yuka

Yukaの感想・評価

4.0
お父さんの裁判が始まったあたりから、泣いてしまう箇所が何度かありました😭

頑固で強かった父親が、弱さを見せてくるような設定に個人的に弱いのもあると思います…笑

衝突しあう親子でも、やっぱり最後は親子の愛が勝ち、心の中では互いの幸せを願っているんだな…と。
家族だからこその信じる気持ちの強さも現れてました!
特に、男同士っていう弱さや愛情表現が苦手な関係で、父親のために必死になる姿が、最後の結末らへんでの悲しみを引き立ててました😌

笑わせてくれるシーンも、いい度合いに入ってたので、硬すぎる映画でもなくてよかったです✨
演技力も最高!
>|