ジャッジ 裁かれる判事の作品情報・感想・評価

ジャッジ 裁かれる判事2014年製作の映画)

The Judge

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

“金で動くやり手弁護士”として名を馳せる、ハンク・パーマー。一流法科大学を首席で卒業したが、並外れた才能は金持ちを強引に無罪にすることだけに使ってきた。そんな彼にとって弁護士史上最高難度の事件が舞い込む。人々から絶大な信頼を寄せられる判事ジョセフ・パーマーが、殺人事件の容疑者として逮捕されたのだ。しかも彼は、ハンクがこの世で最も苦手とする絶縁状態の父親!法廷で42年間も正義を貫いた父が殺人など犯…

“金で動くやり手弁護士”として名を馳せる、ハンク・パーマー。一流法科大学を首席で卒業したが、並外れた才能は金持ちを強引に無罪にすることだけに使ってきた。そんな彼にとって弁護士史上最高難度の事件が舞い込む。人々から絶大な信頼を寄せられる判事ジョセフ・パーマーが、殺人事件の容疑者として逮捕されたのだ。しかも彼は、ハンクがこの世で最も苦手とする絶縁状態の父親!法廷で42年間も正義を貫いた父が殺人など犯すはずがない──最初はそう確信していたハンクだが、調べれば調べるほど、次々と疑わしき証拠が浮上する。殺された被害者と父との歪んだ関係、亡き母だけが知っていた父の秘密、防犯カメラがとらえた不可解な映像──。裁判は劣勢に傾いていくのに、犬猿の仲の2人は弁護の方針を巡って激しく対立する。果たして、父は殺人犯なのか?深い決意を秘めた父の最後の証言とは──?

「ジャッジ 裁かれる判事」に投稿された感想・評価

SABO

SABOの感想・評価

3.8
親子の絆を感じた
最近、老男優の活躍に惹かれる私。
若い頃の作品と枯れて円熟味を見せる最近の作品における彼らを観比べることに密かな喜びを感じています。

『ゲティ家の身代金』(2018)と『サウンド・オブ・ミュージック』(1964)のクリストファー・プラマー。
『ジーサンズ』(2016)と『暗くなるまで待って』(1967)のアラン・アーキン。
『アンコール!!』(2012)と『コレクター』(1965)のテレンス・スタンプ。
そして本作と『アラバマ物語』(1962)のロバート・デュバル。

1960年代の彼らと2010年代の彼らの間には、約半世紀という月日が流れています。
役者としてサァこれからという時の彼らの生き生きとした演技、人生における年輪を積み重ね掛け値なしの老人を演じている彼ら。
両作の演技の間には嘘偽りの無い彼らの人生が横たわっているのが手で触るようにダイレクトに伝わってきます。

本作に主演しているもう一人のロバートすなわち、ロバート・ダウニー・Jr.は本作出演時39才。
50年後は一体どんな役者になっているでしょうか?
その頃には私、ほぼ確実に黒枠の人になっていて確かめようが無いのが少し残念です。笑
GamKing

GamKingの感想・評価

3.7
ーーーーーー
The Judge
ーーーーーー
殺人容疑がかかった父親の弁護を優秀な弁護士である息子が請け負うという話。こういう最悪な男というか、軽い男をロバート・ダウニー・Jrに演らせたら外れない気がする。

父親を弁護することで、親子の絆や父親の知らなかった顔だったり、他にも弁護士としてのあり方というものに気づいていくのは良かった。弁護士として無罪にするだけが勝ちではないということ、罪を改めさせること、本音で話せるように導くことが大切であること。それをハンクが気付いた時、父親との確執も無くなり、本音で話せるようになっていくシーンには感動が生まれた。彼らの思いを歌にしたようなエンディングの曲も良かった。
kuuiie

kuuiieの感想・評価

4.3
この作品は、Wロバートの演技の素晴らしさに尽きる。
この二人が描き出す親子関係がとてもリアル。脱帽。

ストーリーも今までにあるようでなかったプロットライン。
ジャッジがjudgementalになったら?ならなかったら?法律、裁判のシステムについて考えさせられた。

#演技 #凄まじい #ロバート #家族
mstk

mstkの感想・評価

-
2018/08/14
録画にて。

サスペンスとして見ていたからラストは微妙でした…
翔一

翔一の感想・評価

3.9
最終的に親子に絆があったことが証明されて良かった。
弟にもう挨拶しただろっていうとこ好き
wyzbar

wyzbarの感想・評価

3.8
□物 語 ★★★★★ ★★★
□配 役 ★★★★★ ★★★
□演 出 ★★★★★ ★★★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆
□映 像 ★★★★★ ★★
□音 楽 ★★★★★ ★★
もちゅ

もちゅの感想・評価

4.0
ロバート・ダウニーJrがかっこよすぎて泣けなかった( ゚д゚)ハッ!
デビューの頃から好きなので、卒業アルバムに当時のプロマイドみたいな写真使っててウケたw
判事がコンビニで、なんで卵落としてたかわかった時が衝撃すぎた(泣)
na

naの感想・評価

4.0
本当は大切に思っているのに頑固な性格で喧嘩が絶えない。そんな不器用な2人の姿を見てやっぱり家族って良いな〜と思えた。愛に溢れすぎていて後半は涙が止まらない。悲しいのに心温まる映画。
>|