カワウソ総選挙落選中

コードネーム U.N.C.L.E.のカワウソ総選挙落選中のレビュー・感想・評価

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)
3.5
スパイ映画には尺八の音がよく似合うと私は思う。
正確に言えば尺八ではありません。
おそらくフルートの音でしょう。
フルートを尺八のように響かせる。
うーん、郷愁を誘う効果的な音。
ガイ・リッチー監督!分かってらっしゃる!
何を言いたいかと言うと、使われている楽曲がオシャレですの。
場面場面で統一性の無いチョイスにセンスが光ります。

ナポレオン ソロをテレビで観ていた私には、クリヤキンのイメージがちょっと違って見えました。
テレビでの彼は、カジャグーグーのニック・ベッグスのような、更に言うなら若い頃のカール・パーマーのようなどちらかと言うと可愛い感じの人でした。

しかし、今回の2人はゴツイ!
もう、なんかね、ムンムンしてます。
ペナルティ ワッキーの「男性ホルモン受信中」を思い出すほど。
そのタイプがお好みの方々には堪らないでしょう。
昨今の男子は、やれ脱毛だ、デオドラントだと匂いを目の敵にしてまして、私には非常に好ましいのですが、流石1960年代初頭のお話。
ショーン・コネリーのDNAを、むせ返るほど継承した男前でした。

ここまで楽曲とムンムンの話しかしていませんが、肝心の映画も萌えポイントがいくつもあり、私は非常に面白く感じました。
ナポレオン ソロの前日譚としての作品なので、これからが楽しみです。

エンディングがとてもよく出来ていて、ついつい明るくなるまで席を立てませんでした。
気に入らない映画は速攻で席を立つのですが、魔性の歌声がそれをさせませんでした。
サントラ欲しいぉ( ^ω^ )

主演の2人がストライクなら加点0.5でした。
私はハーブのような男子が好きなので減点。