次男

コードネーム U.N.C.L.E.の次男のレビュー・感想・評価

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)
4.3
ガイリッチーをぺろぺろしたい。びしゃびしゃになるくらいぺろぺろしたい。最高、ずっと好きです、遍く若者のようにロックストックとスナッチでノックアウトされて、マドンナに呪われたりもしたけど、鬱屈したようなリボルバーを取り憑かれたように観て、原点回帰のようなロックンローラで歓喜して、シャーロックシリーズでガイリッチー×マクロエンタメの融合に感動して、そして今日、この映画で、好きを再確認どころかすっかり惚れ直し切って、もうあなた最高、ぺろぺろてなもんです。

◆◆

ガイリッチー基準で言うなら、この映画に特筆すべきところはないです。

映像のキレや、キャラクターの魅力や、ストーリーや、構成や、芸術性や、エッジや、どの要素でも一番にゃならんです。

でも、総合力がすごい!
なにをとってもおもしろい!
むしろ、敢えて魅せきらなかったのかなとも思うくらい、引き算の妙、というか、見えてるもの以上の懐の広さと、半端ない余裕を感じました。今後、ガイリッチー作品は、もう間違いなく全部おもしろいんだろうなって、確信めいてしまうくらいです。ぺろぺろ。


◆◆以降ネタバレ




そいやリッチー作品で一番笑ったなあ。いろんなシーンで劇場くすくす、海上の攻防からのサンドイッチもぐもぐあたりとか、爆笑だった、俺も劇場も!

最後は、逆に意外に思うくらい、ストレートで望んだ結末を迎えてくれて、そんなテーマ性見せつけられて、もうすっかりこの世界やキャラクターを好きになっちゃった。ほんであの幕の引き方!BTTFの1を思わせるような、続編を期待させる終わり方も、たまらない!
ガイリッチーさん!ぺろ!