雅治

コードネーム U.N.C.L.E.の雅治のレビュー・感想・評価

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)
2.1
どうしちゃったんだ、ガイリッチー!

前半30分はひたすら退屈で、後半から少し面白くなるのだが、緊張感のかけらもないゆるゆるな演出。「キングスマン」や「MI4」など今年はスパイ映画面白い作品結構あったはずなんだけど、これは外れ。

「ロックストック〜」など脚本ありきでの独特のカット割りが「スタイリッシュ」だったはずなのに、本作では話の内容もユルユル。確かに笑えるところもあるんですが、同じことを繰り返しでしつこいのです。同じスパイ映画でも『キングスマン』の方が100万倍カッコよく面白かったです。