ウォーボーイズ

コードネーム U.N.C.L.E.のウォーボーイズのレビュー・感想・評価

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)
5.0
素直に面白いと思える快作でした!

オープニングや度々挟まれる分割画面などの演出に、いつものガイリッチーらしさを感じました。

使われる音楽も監督作のスナッチを彷彿とさせる洒落た雰囲気で良かったです。

肝心のストーリーに関しては、良くも悪くもシンプルな内容で、猿犬の仲だった2人が事件を通して名コンビになっていくバディものですが、登場人物達のコミカルなやり取り、テンポの良い編集で退屈せずに観られました。

シャーロックホームズの2人とはまた違う雰囲気の主演2人ですが、特にヘンリーカヴィルのスパイ振りが思いの外ハマっていて良かったです。
今ではスーパーマンのイメージが強いですが、実は007のジェームズボンド役の候補に挙がっていたという過去があります。

そんな彼がスパイ役を演じる(所属はMI6ではありませんが)というのもなんだか因縁めいた所も感じます。
今回のナポレオンソロ役は、ニヒルなプレイボーイという性格で、ジェームズボンドにも通じる所があり、それを見事に好演していたので、ヘンリーカヴィルの007も観てみたかったかな〜とも思いました。