ve

コードネーム U.N.C.L.E.のveのレビュー・感想・評価

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)
4.6
最高だ。バッチバチにキメまくったオープニング(暗闇でベース音が流れ始めた時点でガッツポーズ!)から始まり、どのシーンも際限なくカッコいい。人が美しく見える術が分かっている。キャストのルックスだけに頼ってるわけではなくこれがセンスなのだなぁ、と。
そして物語からドライブ感が途絶えることはない。映像と音楽で観客を引き込み、それぞれの人物についての説明は最小限に止め、話は止まることなく進んでいきます。圧倒的なテンポ感。人物の言動にヒントを散りばめ、大きな出来事が起こる度に行われる、「結果→過程」という時系列の処理には思わずニヤリとしてしまう。もう、どこまでもガイ・リッチーなのです。ただスタイリッシュに統制するだけでなく、くだらない笑いやベタな部分があるのも好感が持てる。

レビューを見る限り低評価が多いようだけれど、ジャンル映画であることがその理由の大半のようで勿体無い(ガイ・リッチーならもっとできるだろ!という声は分かりますが)。こんな作品が作られ続けるならいつでも劇場に足を運びたい!