あまのかぐや

コードネーム U.N.C.L.E.のあまのかぐやのネタバレレビュー・内容・結末

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

あー、これは好きだなー。ガイリッチーのバディものといえばシャーロックホームズがまず思い浮かぶけど、あそこまでまだキャラクターがこなれていないしあの主演二人ほど手垢かついてない(褒めてます)からか、お約束っぽさがないところが実にワクワクする。
じつはカヴィルさんとアーミーハマーさん、時々どっちがどっちかわからなくなることがありまして(両方とも長身のハンサムだし)、この作品でやっと見分けがつくようになりました。赤の脅威とカウボーイ、赤の脅威とカウボーイ、よし!


音楽もフィルム調の映像もかっこよかった。


あと大収穫はギャビー役のアリシアヴィキャンデル。まえにユアンマクレガーの犯罪サスペンスでみたときと別人のように生き生きしてる。可愛いだけじゃなくて竹を割ったようなぱきっとしたところ女の子にも好かれそう。次期ジェニファーローレンスだな、きっと


これ続編はないみたいだけど、是非是非観たいなー。ヒューグラントがボスで、イリヤ、ソロ、ギャビーが部下のスパイ活動、楽しそう!