コードネーム U.N.C.L.E.の作品情報・感想・評価

コードネーム U.N.C.L.E.2014年製作の映画)

The Man from U.N.C.L.E.

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

舞台は東西冷戦の真っただ中の1960年代前半。米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科…

舞台は東西冷戦の真っただ中の1960年代前半。米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘だけ。彼女を守りながら、彼らは時間切れになる前に科学者本人を捜しださなければならない。考え方もやり方も何もかも正反対の2人。果たして彼らは核爆弾大量生産の危機から世界を救えるのか!?

「コードネーム U.N.C.L.E.」に投稿された感想・評価

テンポのよさではなくレトロな雰囲気を壊さぬよう結構じっくり見せる、でもかったるくはならない。何と言うか、マイペースだ。やたらスマートなソロとやたら不憫なイリヤとの関係、二人とギャビーとの力関係も徐々に良くなってきて面白いです。

アンバランスな二人の掛け合いやオフビートな笑い、ギリギリアウトでの救出、煽っておきながらあっけない悪党、スルッと入ってサラッと仕切る第三勢力と、最後まで少しずつ外してくる演出が面白い。今までのガイ・リッチーぽさをさらに押し進めたよう。

ヘンリー・カヴィルがスーパーマンで終わらずこのハマり役をやったことがとても喜ばしい。アーミー・ハマーも不器用なロシア男っぽくて良かったです。KGB奥義スゴいな!ブロマンス要素を排除したことで仲間というよりライバル同士の張り合い感が出てて良いです。
Dwarf

Dwarfの感想・評価

3.4
ガイリッチー作品初鑑賞

度々入る音楽や画面割りなど、お洒落なシーンがたくさんあって良かった。その反面、見せ場を作りすぎたせいであまりまとまりがなく、全体のストーリーの印象が弱くなってしまっていたのが残念。

配役は美男美女ばかりで文句なし
岡

岡の感想・評価

4.5
時代や、コメディとアクションのバランスがものすごく良かった。

この雰囲気好き

盗聴器を投げ合うシーンが一番面白かった
kou

kouの感想・評価

-
ロシアとアメリカの文化、国民性の違いがギャップが笑いを呼ぶ
ariri

aririの感想・評価

3.7
2回目鑑賞。1回目はボンヤリ見てたのであまり印象に残らず、2回目で面白さが分かった。

アーミー・ハマーは大きいし(196cm)一見粗暴な役なんだけど、不器用な感じとか優しい雰囲気が滲み出てて、だんだん大型犬みたいで可愛いく見えてきたw気の強いアリシアちゃん可愛い過ぎるし、ヘンリー・カヴィルはスーパーマンよりこういうキザな色男役のが個人的には似合う気がする。

改めて見るとこのキャストでやっぱり次作作って欲しいんだけど、3人とも今はかなり忙しくなったろうし、何よりガイ・リッチーがやりたいかどうかが微妙なのがなぁ…
のら

のらの感想・評価

3.0
ナポレオン・ソロのリメイクで、本作では主にナポレオン・ソロに出てきた国際機関 U.N.C.L.E. の誕生を描く。

東西冷戦下にあった1960年代を舞台に CIA のエージェントで詐欺師のソロと、KGB の工作員であるイリヤが反目しながら共闘するバディ物で、ジェームズ・ボンドの用に軽い身のこなしのソロと、物事を冷徹に実行していくイリヤと正反対なのも面白い。

またアクションもスタイリッシュで、特に序盤のカーチェイスシーンはバレリーナの舞のように美しい。その一方で話は良くあるスパイ物で正直既視感しか無い。ただバディものとして非常に良い出来で彼らの活躍の続きを見たくなる。
>|