コードネーム U.N.C.L.E.の作品情報・感想・評価

コードネーム U.N.C.L.E.2014年製作の映画)

The Man from U.N.C.L.E.

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

舞台は東西冷戦の真っただ中の1960年代前半。米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科…

舞台は東西冷戦の真っただ中の1960年代前半。米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘だけ。彼女を守りながら、彼らは時間切れになる前に科学者本人を捜しださなければならない。考え方もやり方も何もかも正反対の2人。果たして彼らは核爆弾大量生産の危機から世界を救えるのか!?

「コードネーム U.N.C.L.E.」に投稿された感想・評価

テンポのよさではなくレトロな雰囲気を壊さぬよう結構じっくり見せる、でもかったるくはならない。何と言うか、マイペースだ。やたらスマートなソロとやたら不憫なイリヤとの関係、二人とギャビーとの力関係も徐々に良くなってきて面白いです。

アンバランスな二人の掛け合いやオフビートな笑い、ギリギリアウトでの救出、煽っておきながらあっけない悪党、スルッと入ってサラッと仕切る第三勢力と、最後まで少しずつ外してくる演出が面白い。今までのガイ・リッチーぽさをさらに押し進めたよう。

ヘンリー・カヴィルがスーパーマンで終わらずこのハマり役をやったことがとても喜ばしい。アーミー・ハマーも不器用なロシア男っぽくて良かったです。KGB奥義スゴいな!ブロマンス要素を排除したことで仲間というよりライバル同士の張り合い感が出てて良いです。
Masayan

Masayanの感想・評価

4.0
【アメリカとソ連の意地の張り合い】

冷戦期のアメリカとソ連のスパイがタッグを組んで原子爆弾を奪還するお話。

これは、ロックストックやスナッチなど初期のガイリッチーのスタイリッシュ感が出ててとても良かった!(近年のガイリッチー、今ひとつだったからなぁ。。)

マイペースで器用なアメリカスパイと短気で豪腕なソ連のスパイ。この2人の不仲なタッグがとても面白い😏
(特にお互いの盗聴器を渡すシーンが最高w)

音楽も最高でクラシック入れたり、ボサノバ入れたり、物語のスピードに合わせて拍車をかけてくれる。

スパイ映画特有のアクションや、道具もいろいろ、またサスペンス要素ももちろんキャラクターに見入りながら飽きずに見れます🎞

もっも若いうちに見てたら更に評価高かったかもなー。
映画館で観たかったけど、機会合わず。
作品の雰囲気がいい。音楽も良い。サントラ買っちゃったし。
けど何より、アリシアヴィキャンデル!可愛いのか美しいのか、エクス・マキナよりこっちの方がツボ。
後になって知ったが、マイケルファスベンダーと結婚!?悲しいです。
jucson

jucsonの感想・評価

3.9
テンポよく見やすく面白かった。
仲悪いコンビのポリスアクションはよくあるけど、この作品の良さは時代背景を最後まで守ったレトロな描写と音楽だと思う。

特に水上の戦闘をトラックの中からワイン飲みながら見ているシーンなんかは最高。笑
あの曲はセクシーだが、ヒロシです。。しか出てこないが。笑

続編早く見たいです。
鑑賞記録
かっこいい。
noriko

norikoの感想・評価

1.8
イリヤ!
なまえ

なまえの感想・評価

5.0
監督と宮内敦士すき
Rita

Ritaの感想・評価

4.4
世界観もストーリーも好み。スマートでおしゃれなスパイ映画。でもちょっとコメディ臭もする。続編が楽しみ。
>|