SeikoSoga

リトルプリンス 星の王子さまと私のSeikoSogaのレビュー・感想・評価

5.0
原作を子供の頃に読み、
良く理解できないまま、大人になってもう一度読みました。
子供の頃は単純な童話と思って読んだのでとても難しく、
本当に大切なものは目に見えないんだよ、
の言葉の意味も理解不能。
大人になって少しだけいろんなことが分かってきたのか、涙しながら読んだ覚えがあります。
そこからも
かなり大人になり・・今、
映画の中にあの星の王子さまがそのまま出てきたことに感動・・
挿絵をそのまま動画にした、、そして表情が加わり、さらに感動。。

映画は9歳の女の子、良き大人になるために母親に勉強運動、タイムスケジュール通りに行動すればきっといい大人になる、と!教育されます。
そして引っ越した先の隣のおじいさんと友達になります。
このおじいさんは星の王子様に出てくる飛行士。
の、その後のようです。
もう一度星の王子に会うため、飛行機を改造していつかは空に飛び立つ準備をしています。
原作の通りに、飛行士が書いた物語、星の王子が出てきます。
飛んできた種から咲いた美しいバラを愛し、
そして彼女と喧嘩して鳥に乗り他の星へ旅立つ。
地球に来て狐と出会い、
お別れ・・、そこで、あの名言。。
本当に大切なものは、目に見えないんだよ。。

砂漠に降り立ち、
そこで蛇に出会う。
君が星に帰りたくなったら、その時は手伝うよ。
その言葉、理解したよ。
その表情が、、なんとも切なく、萌え~~でした。。

この映画は、その後を描きたかったらしく、
星の王子が青年になって登場します。
面影そのままに大人になっている王子。イケメンっぽく描かれているけど・・
何だか好みじゃないw
王子はやはり子供のままの彼が萌え~
トキメいちゃいます♡

ファンタジーだけど、物悲しい・・子供には理解できない大人のファンタジーです。
是非、原作を読んでから観ていただきたい!

星の王子に恋します(*^^*)

久しぶりにエンドロール最後まで誰も席を立たなかった、余韻を楽しむ映画でしたね。
エンドロールの最後に、日本語版吹き替え名前出てきまして、
蛇の声が竹ノ内豊、薔薇が滝川クリステル、ほんの2〜3個のセリフ。なかなか贅沢な使い方ですがこれがまた魅力的で(*^^*)なかなか日本語吹き替えも悪くないと思えました。