ぴろぴろ

リトルプリンス 星の王子さまと私のぴろぴろのレビュー・感想・評価

3.6
♪頭の真上に星がある
あれが あれが僕の星だよ
プチ・プランス プチ・プランス ルルルルルルル〜 ♪

「星の王子さま」と聞いたら、条件反射で脳内にこの曲が流れる。
サン=テグジュペリの名作『星の王子さま』のアニメーションの主題歌だった。 フランス語で書かれた絵本も持っていて、読めるようになりたいが為に、第二外国語はフランス語を選択したんだった。
今作の監督は『カンフー・パンダ』のマーク・オズボーン。 声優陣が豪華なので2D字幕版で観て来た。 美しいアニメーションだった。 音楽はハンス・ジマー。

「大切なことは目に見えないんだ」
王子さまの言葉を何十年ぶりかで聞いたけど、何度聞いても素敵な言葉。 そしてこんなにも深かったんだな。 母親(声はレイチェル・マクアダムス)のマグネットでビッシリ埋まったスケジュール管理は笑ったけど、お母さんはお母さんで娘の幸せを願っての事だと、大人になった私には理解できる。 子供の頃には素直にストンと入って来た色々な事が、いつの間にか裏を読んだり、先走ったり。 もちろん経験から学んだ訳で、それを否定はしないけど、視野が狭くがんじがらめになっているのも事実。 私も、子供時代に置いて来てしまった事が沢山あるんだろうなぁ。
人が成長して行くには、色んなタイプの人との関わりから学ぶことが大事ですね。 そこから自分に必要な事を自分で選択して行けたら良いけど、時に失敗もしながら。 なんて言うのは簡単だけど選択眼が身につくまでは。。。とか考えてしまう私は、やはり大人なんですよね。 自分が親に言われてイヤだったなぁ〜と思っていた事を子供に言ってるしw
一抹の寂しさと共に、遠い日の毎日お腹が痛くなるくらい笑ってキラキラしていた子供時代の懐かしさと、純真な気持ちを少しは思い出せたかな。
さすがに2D字幕版なので子供はいなかったけど、少し難しい大人の為のアニメーションの様な気がします。 一瞬立ち止まって己を振り返る、そんな大人の為の。
さぁ、今日もやる事いっぱい。 いつもの日常が始まる 始まる。