リトルプリンス 星の王子さまと私の作品情報・感想・評価

リトルプリンス 星の王子さまと私2014年製作の映画)

The Little Prince

上映日:2015年11月21日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

母親の言いつけを守って一生懸命勉強し、いい学校に入ろうとしている9歳の女の子は、引っ越した家の隣に住む奇妙な老人が気になっていた―― 昼間は壊れた飛行機を修理し、夜になれば望遠鏡で空を眺めている。 ある日、女の子は母親の目を盗んで老人と仲良くなる。 若いころ飛行機乗りだったという老人は、昔、不時着した砂漠で出会った不思議な男の子の思い出を女の子に語る。 それは彼がこれまで…

母親の言いつけを守って一生懸命勉強し、いい学校に入ろうとしている9歳の女の子は、引っ越した家の隣に住む奇妙な老人が気になっていた―― 昼間は壊れた飛行機を修理し、夜になれば望遠鏡で空を眺めている。 ある日、女の子は母親の目を盗んで老人と仲良くなる。 若いころ飛行機乗りだったという老人は、昔、不時着した砂漠で出会った不思議な男の子の思い出を女の子に語る。 それは彼がこれまで誰にも話したことのない物語だった。 「その男の子は、小さな星からやってきた。 そして一輪のバラと仲良しだったんだ。」 そう、老人は、あの星の王子さまと出会った飛行士だったのだ! ふたりは仲良くなるが、やがて老人は病に倒れてしまう。 女の子は、老人が会いたがっていた王子さまを探しに、 オンボロ飛行機に乗って夜空へと旅立つ。 その先には、誰も知らない感動と冒険が待っていた!

「リトルプリンス 星の王子さまと私」に投稿された感想・評価

原作をそのまま映像化するのではなく、物語がいかにして受け継がれるかというのを、語る者と読む者を具現化することで一層強く印象付ける。原作の味を損ねることなく、現代社会への皮肉と心の在り方を問う形をより強調したのは面白い。とても良いです。

ストップモーションアニメと3DCGの共存も違和感なし。あの絵がイメージそのままに動き出すだけでワクワク。柔らかそうな和紙のような質感が凄くいい。画一化された街並、灰色の家々、その中で飛行士の家や庭だけが華やかに色付き少女に自由な世界を見せる。

母親作の人生設計ボードは少女を縛る管理社会の象徴ではあるものの、あのシステマチックな機能美、あれはあれでちょっとカッコいい、などと思いました。あと星の形が星型なのが可愛い。
3313

3313の感想・評価

3.2
ほわほわしたまま終わった
あいこ

あいこの感想・評価

2.0
記録。
当時期待しすぎて、?って感じだった。せっかくだし原作読もうと思う。
そん

そんの感想・評価

-
これはだめやろ。。。
原作に対していろいろ失礼だと思う。
自分用メモ
おん

おんの感想・評価

3.8
忘れてた何かを思い出させてくれる感
星の王子様を読んだ後の感じと似てる
mizero

mizeroの感想・評価

3.0
テーマは理解できたけど、終盤の飛行機発射からの展開が脈絡なく急で何故?って感じ。
全体的なほっこり感は◎
>|