• Filmarksトップ
  • リトルプリンス 星の王子さまと私の感想・レビュー

リトルプリンス 星の王子さまと私(2014年製作の映画)

The Little Prince

上映日:2015年11月21日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:107分
    監督
    マーク・オズボーン
    キャスト
    ジェームズ・フランコ
    レイチェル・マクアダムス
    ジェフ・ブリッジス
    マリオン・コティヤール
    ベニチオ・デル・トロ
    ポール・ジアマッティ
    マッケンジー・フォイ
    ポール・ラッド
    あらすじ
    母親の言いつけを守って一生懸命勉強し、いい学校に入ろうとしている9歳の女の子は、引っ越した家の隣に住む奇妙な老人が気になっていた―― 昼間は壊れた飛行機を修理し、夜になれば望遠鏡で空を眺めている。 ある日、女の子は母親の目を盗んで老人と仲良くなる。 若いころ飛行機乗りだったという老人は、昔、不時着した砂漠で出会った不思議な男の子の思い出を女の子に語る。 それは彼がこれまで誰にも話したことのない物語だった。 「その男の子は、小さな星からやってきた。 そして一輪のバラと仲良しだったんだ。」 そう、老人は、あの星の王子さまと出会った飛行士だったのだ! ふたりは仲良くなるが、やがて老人は病に倒れてしまう。 女の子は、老人が会いたがっていた王子さまを探しに、 オンボロ飛行機に乗って夜空へと旅立つ。 その先には、誰も知らない感動と冒険が待っていた!

    「リトルプリンス 星の王子さまと私」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2016/01/05
    4.0
    原作をそのまま映像化するのではなく、物語がいかにして受け継がれるかというのを、語る者と読む者を具現化することで一層強く印象付ける。原作の味を損ねることなく、現代社会への皮肉と心の在り方を問う形をより強調したのは面白い。とても良いです。

    ストップモーションアニメと3DCGの共存も違和感なし。あの絵がイメージそのままに動き出すだけでワクワク。柔らかそうな和紙のような質感が凄くいい。画一化された街並、灰色の家々、その中で飛行士の家や庭だけが華やかに色付き少女に自由な世界を見せる。

    母親作の人生設計ボードは少女を縛る管理社会の象徴ではあるものの、あのシステマチックな機能美、あれはあれでちょっとカッコいい、などと思いました。あと星の形が星型なのが可愛い。
    とーこ
    とーこの感想・レビュー
    11時間
    3.4
    見送る人は、星にいるなんて言葉では割り切れないけど、行く人は、星になりたいという。
    何も忘れていないと言いながら、多くのことを忘れていることにも気づかない。
    いつからそんな大人になっちゃったのかな。
    にわか
    にわかの感想・レビュー
    12時間
    4.0
    星の王子さまはなんだか食わず嫌いしていたけど、いざ見てみると凄く良かった。

    大人になるとなんだか難しいことばかり…
    確かにその通りだなって

    人によく見られたいとか、仕事が出来なきゃダメだとか、欲望ばかりのつまらない人間になってたことに気づかされた気がした。

    子供の頃の純粋な気持ち、キラキラしてた世界をもう一度見たいなって思わせてくれた。
    nora
    noraの感想・レビュー
    1日
    5.0
    カレーの王子様しか知らない。
    星の王子様を読んだことない人でも大丈夫。
    心に沁みまくる。
    日本語吹き替えの津川雅彦さんが抜群に良かった。津川さんに泣かされた。
    odrey
    odreyの感想・レビュー
    1日
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    素晴らしい映画。
    映像が好き。
    最後はなんだかわからない涙が出た。
    大人になると、難しいことばかり、後のことばかり気にしてしまうけど子供の頃の純粋さを思い出した。
    「大切なことは目に見えない」まさにその通り。
    難しくて凄く言葉に言い表せにくい事をうまく物語にしている。

    心が解放されたいときにまた見たい。
    せんぷうき
    せんぷうきの感想・レビュー
    2日
    3.8
    サン=テグジュペリの『星の王子さま』は子供のころ読んだか、読みかけて途中で断念したか、いずれにせよ覚えていない。現代の場面がCG、王子の物語がストップモーションと質感が異なり面白いが、やはりストップモーションのシーンが秀逸。

    主人公の女の子(母子家庭の親子)が、昔王子と出会ったことがある老人の家の隣に引っ越してきて交流していく。老人は今でも王子を探しに行こうとしているがある日倒れてしまい、女の子が代わりに王子探しに旅立つ....途中から現実と空想が入り交じってきて、『王子』の物語の登場人物たちがCG版で登場。

    それにしても『王子』の物語は哲学的で、自分のイマジネーションの範疇を大きく超えており、子供のころ原作本を読了できなかった訳がかわかった気がする。この映画のシーンは一部分だけなんだろうけど、それでもちょっと深いなぁ、と。

    大切なものは目に見えない
    Blue
    Blueの感想・レビュー
    2日
    3.3
    記録
    シロッコ
    シロッコの感想・レビュー
    3日
    3.8
    いやいや、完全にノーマークでした。素晴らしいと思います。
    ありさん
    ありさんの感想・レビュー
    5日
    5.0
    疲れたときとか、心に余裕が無くなったときとか、また見たい映画
    >|