夜に生きるの作品情報・感想・評価・動画配信

「夜に生きる」に投稿された感想・評価

nini

niniの感想・評価

1.7
これをみて再認識したのは
ベンアフレックの演技があまり
好きではない。

内容の迫力がなかった

アルマゲドンで出てたチョイ役さえない感じがちょーどいいような気が、笑
take

takeの感想・評価

3.0
ベン・アフレックが脚本から主演、監督までつとめて作ったギャング映画。

デニス・ルヘイン原作の小説はハードボイルドの香りがあるが、
本作ではエル・ファニングの演説が山場。
スタッフロールでもベン・アフレックの次に来ています。

神の下での平等を説く姿が、印象的。
欧米では、神の下では平等なため、人間の間の不平等に対して意識的。
対する日本では、世間がすべて。
周りがしていたら自分もする、という(^^;

映画作りにも、それが現れます。
日本では、人と人の間の感情が大事になりますが、
欧米では、人と社会との関係が主題になりますね。

エル・ファニングとゾーイ・サルダナを眺めていると楽しめると思います。
派手さはないが魅力的な映画

雰囲気もやり取りもだいたい白竜
白い背広着てるし

絶賛するほどではなかったので
凡庸ともいえるが

魅力的な作品だった
デニス・ルヘイン原作の映画にそこまでのハズレは無いなぁと改めて感じました。
ただ他のルヘイン映画と比べると惜しい、シンプルな作りなので役者とストーリーで勝負するべきなのですがベン・アフレックにマフィアっぽさがなく、演技がいつも通りで華がないので、ここは監督業に専念して弟とか他の役者に主演を任せるべきだったんじゃないかなぁ。

あとやっぱりこういうマフィア映画は敵対組織も魅力的に描くべきなのに小説の部分のカットが多いので2人ともジョーをかっこよく魅せるための噛ませ役にしか見えないんですよ、勿体なさすぎる!
2時間に盛り込みすぎなので長くても3時間にしてきちんと描くべきでした、特にジョーとディオンが信頼関係を築くエピソードを削ったのは残念。

しかし、ベン・アフレックの演技はさておき主演3人の女優さんはとても良かったです。確実にエル・ファニングが教祖ならば私は信者になります!!
YutaMorii

YutaMoriiの感想・評価

4.2
「グッドウィルハンティング」(脚本)、「ゴーンベイビーゴーン」「ザ・タウン」「アルゴ」と見てきたけど、ベン・アフレック、俳優としてだけでなく監督としての才能も溢れ出てる!これで監督作品全部見てしまったのが悲しい、エル・ファニングが可愛かった。
raina

rainaの感想・評価

3.5
面白かった
記録用。

面白い!
映像の色合いが好き。
 まあ、可もなく不可もなくといったところかな。ベン・アフレックは自分をかっこよく見せたいんだろうな。
記録。
うーん、つまんなくはないけど凡作。
読んでないけど原作のあらすじにほぼほぼ沿ってるみたいなんで、ひょっとして原作が映像化に向いてなかったのかな。
エル・ファニングがクっソ可愛い以外特に印象ないなぁ。
>|