ぬい

プロミスト・ランドのぬいのレビュー・感想・評価

プロミスト・ランド(2012年製作の映画)
3.5
2015.11.22
貧しい農業地帯に住む人々に、土地から取れるガスで街を豊かにしようってある企業から社員がやってきて、金、土地への愛着、安全性への疑念とかが絡み合う話。
何かを引き換えに得る豊かさは、その先の人生をどこに運んでいくのかなって話。大切なものはどれだろうなーって話。
難しい。

主人公の取った道も正しいと思うし、
スーが、ただの仕事、と言ったのも多分正しい。
会社のため、自分のために動く人。お客ひとりひとりの生活や事情を考える人。どの業種にもあるであろう齟齬。
そのへんの気持ちの落とし所って人によってだいぶ幅があるからたいへんです。

あとまさかの同じ会社の人に驚きました。仕込みは完璧なわけね、怖いな!