POPCORN

フランシス・ハのPOPCORNのレビュー・感想・評価

フランシス・ハ(2012年製作の映画)
3.6
周りが変化しているように思えちゃう。そして自分は夢にも恋にも何も変化がなく、現状維持。27歳のフランシス、ちょっぴりおバカだけど、正直モノだし、友情たっぷり、愛情も豊富。でもどこか自分を悲観して見てしまったり、自分の考えより言葉が先走る癖を持っている。

こんな素敵なセリフがありました。
酔った親友ソフィーとシングルベッドで添い寝。
〝片足を床につけるの、そうしたら目が回らない″
〝良い子は寝る時間″
フランシスは、ソフィーと友情の糸で繋がっていると信じている。ソフィーの事が好きで好きでたまらない。それほど、愛情に満ち満ちているって証拠。テーマは、〝女子の友情と、女子の強さ″それこそがってかんじです。

フランシス・ハ
この〝ハ″、実はちゃんとした意味と、人生がつまってます。

ストーリーはこんな感じ…
友人同士で同居するふたり。フランシス(グレタ・ガーウィグ)と親友ソフィー(ミッキー・サムナー)。バレエカンパニーの研究生の主人公フランシスは彼氏から同棲を断り、ソフィーとの同居をとるが、ソフィーは契約更新せず他の友人と別のアパートで暮らすことを考えていた。やる事なす、空回り。旅行にしても、実家に帰っても。そんなフランシスはある決断したするのだった…。