まほ

フランシス・ハのまほのレビュー・感想・評価

フランシス・ハ(2012年製作の映画)
4.0
色んなことにこじらせがちな
27歳のフランシスが主人公のお話。

ノア・バームバックの映画で
脚本には主演のグレタ・ガーウィグも
参加してるとだけあって
『レディ・バード』の大人版のよう。

恋も仕事もうまくいかない……
今まで一緒にいてくれた友達は婚約……
そんな私はもう27歳。
これからどうすればいい?

私はまだこの年齢に達してないので
経験も何もないので
わからないことだらけだけど
主人公のように
30目前になると色々考えてそう。

全編通して白黒だけど
色がなくてもこんなに
素敵になるのかという。
私にはとても鮮やかに見えました、
モノクロ映画だけど。
さすがノア・バームバック監督。

色々とこじらせて悩んで
色んなことを諦めて生きていくってのが
とても現実的で突き刺さった。
夢を諦めるのは勿体無いって思うけど
それが一番現実的なんだよなって。

最後に映画のタイトルの意味がわかる演出も素敵。

あとアダム・ドライヴァーが
演じてきた役の中で
これが一番好きかもしれない。