フランシス・ハの作品情報・感想・評価

フランシス・ハ2012年製作の映画)

frances ha

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:86分

3.7

あらすじ

ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてき…

ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてきていることに焦りを覚え、自分の人生を見つめ直し、もがいて壁にぶつかりながらも前向きに歩き出そうとするフランシス。不器用で大雑把だけどチャーミングな彼女の姿に、誰もが共感を覚え、心が軽やかになり、不思議なタイトル"フランシス・ハ"の意味が明らかとなるラストに胸を打たれる。

「フランシス・ハ」に投稿された感想・評価

アラサー版『桐島、部活やめるってよ』は、モラトリアムの終了と、その先にある地に足のついた、やや明るめな未来。
たまの休みにウッカリ午後遅くまで寝てしまった後悔のバージョンアップ版をやらかす姿や、そんなに好きでは無い相手とイイ雰囲気になりかけた時の回避など、愉快なディティールに溢れている。
グレタ・ガーウィグの自然な演技がとても好き。
27歳の等身大の女性(少し不器用)がさらっと描かれている映画。
Sae

Saeの感想・評価

3.6
アンダィタブルなBenji好き♡

フランシスは、だんだんと社会と上手く調和がとれていくように見えた。
でもそれはただ角が取れて丸くなっていっただけではなくて。

環境や状況は当たり前の顔をして変化していくものだけれど、すきな人たちとすきなことできてたらいいな。
もしくはフランシスのように、すきな人たちにすきなことを見せることができるように頑張ろうと思えた。

ラスト好き。

今日も一日頑張ろう。笑

モノクロなのにカラフル。
たなぴ

たなぴの感想・評価

4.0
ジョルジュ・ドルリューの有名な映画音楽をこれでもかと使っているのに、フランシスがはなればなれにを彷彿させるほど軽快に走るシーンでがかかるデヴィッド・ボウイのモダン・ラブの印象がすごすぎて、あのシーンだけでも最高にハッピーな気分になれる。

非モテのフランシス。チャーミングすぎる
こんなにも魅力的に映るのは、やはり監督との相性もあるなと切に思う。
バームバックとガーウィグの組み合わせ最高!
ntk_m

ntk_mの感想・評価

3.7
27って、微妙よね…うん…ラスト好き。
爽快!

今はニューシネマにしか興味がない



ハンパなわたしで生きていく
ハンナだけど、 生きていく!
たろう

たろうの感想・評価

4.2
170919
内容に関する前知識皆無で見たのに、自分が今求めてるテンションとばっちり合致してたので評価高め。これと他にも色々レンタルなきゃいけなくて数合わせで『汚れた血』借りたら、こっちも劇中でModern Love使用されてて悶えた
mizukii

mizukiiの感想・評価

3.8
フランシス、27歳。
フランシスの大人になれなさ、素直さ、もどかしさ、が痛い。
全てのことに対する焦りも嫉妬もソフィへの執着もリアル。わかってるんだよ、わかってるんだけど、どうにもならないの。

わたしも大好きな友達が引越したり転職したり結婚したり、いろんなものが変わっていく中でフランシスみたいな感情の淀みがあったから、すごくわかる。

変わっていくことに順応できない不器用さがリアル。みんなが当たり前にできることをできない。正解がわからない。正解はきっと1つじゃない。でも、今自分のいるところが正解じゃないことはわかる。

「いつまでも夢見る少女じゃなくて、女性にならないと」ってこの間言われた私にズッシリくる内容でした(´・_・`)


途中のフランシスが語る言葉を、思わずメモしてしまった。

私が恋愛に求めるのは、ある特別な瞬間よ
だから恋人がいないのかも
貴重なことなの

誰かと同じ空間にいて
特別な存在だと自分も相手もわかってる
でもそこはパーティー
お互い別の人と話してる
笑って楽しんで
ふと部屋の端と端で目が合う
嫉妬でも性的な引力のせいでもない
相手がこの人生での運命の人だから

不思議で切ない
人生は短いけど
そこに2人だけの秘密の世界があるの
他の人達からは見えない
私たちの周りにはそんな次元がある

ただ気づいてないの
それが 私が恋愛に求めるもの
人生に、かな 愛に、か


この言葉を経て、ラストシーンでグッとくるね。
ネムル

ネムルの感想・評価

4.0
なんだか現代的な不器用女子映画だが、古いハリウッド映画の台詞まわしとスピードとヌーヴェルあたりの奔放さを併せ持って、なんだか懐かしいような感じで微笑ましい。
>|