フランシス・ハの作品情報・感想・評価

フランシス・ハ2012年製作の映画)

frances ha

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:86分

3.7

あらすじ

ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてき…

ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてきていることに焦りを覚え、自分の人生を見つめ直し、もがいて壁にぶつかりながらも前向きに歩き出そうとするフランシス。不器用で大雑把だけどチャーミングな彼女の姿に、誰もが共感を覚え、心が軽やかになり、不思議なタイトル"フランシス・ハ"の意味が明らかとなるラストに胸を打たれる。

「フランシス・ハ」に投稿された感想・評価

アラサー版『桐島、部活やめるってよ』は、モラトリアムの終了と、その先にある地に足のついた、やや明るめな未来。
たまの休みにウッカリ午後遅くまで寝てしまった後悔のバージョンアップ版をやらかす姿や、そんなに好きでは無い相手とイイ雰囲気になりかけた時の回避など、愉快なディティールに溢れている。
桜

桜の感想・評価

4.8
映画館で見る白黒作品の良さに感動👏

見栄張ったり、空気が読めなかったり、イタさがたまらない。笑
Kanami

Kanamiの感想・評価

4.4
とても好み!!!なんだかずっと見ていたくなっちゃう〜こんな風に生きていたいなって感じ 性格とか なんだろう うまくいえないけれど

エンディングがすごく好き
yukino

yukinoの感想・評価

4.0
タイトルの意味がわかってスッキリ。このエンディング好き。
ai

aiの感想・評価

3.0
ふらっと見るのにちょうどいい映画だと思う。
nao

naoの感想・評価

3.7
20代後半の女同士のプライドや妬みや日々の焦り…


大親友と一緒に住んじゃうからこそ、恋人のように近くなりすぎて思わぬところでキツく言ってしまったり、仲違いしちゃうのかもね… 女って面倒くさい。笑

27歳は若くない。めちゃくちゃデリケートな年齢。
フランシスはとても自分に正直で、ちょっと痛くて観ていてこっちが恥ずかしくなってしまうほどだった。笑 それが彼女らしい姿でもある。

自分が持ってる執着を捨て、人生において何かを諦め、現実を見つめるようになってからこそまた違う人生がはじまる。
NYのおしゃれな生活や華やかな世界、そういう映画はたくさん観てきたけど、こんな等身大のリアルな女性が主人公の映画ははじめて観たかも。
大好きなデヴィッドボウイの音楽と走るフランシスのシーンが好き。
mk

mkの感想・評価

4.0
不器用で突拍子も無いことを突然するフランシス、クセになる。レディバードからも痛いくらい感じてたけど、グレタガーウィッグって本当にぶっ飛んでるんだなぁ笑
タイトルの意味がわかる最後の最後のシーン◎
み

みの感想・評価

3.8
いててててて…身につまされるこのイタい20代後半の振る舞いよ
中途半端で、見栄張ったりして、親友の生活が変わることに意味なく焦ってあっちこっち行ったり来たり(笑)

モノクロで、音楽も凄い古い洋画風。でも携帯が鳴ったりMacBook使ってたりで、現代だったわと時々呼び戻される不思議な雰囲気
おりん

おりんの感想・評価

2.0
なんだか主人公にイラついてしまったのはきっと自分もそろそろ、フラフラ遊んでたらダメな年齢に近づいてるからなのかもしれない。女版ジム・ジャームッシュ感
Akiko

Akikoの感想・評価

4.8
久々にこれは、、、
大好きな映画に出逢ってしまいました、、、

DVD即買いに行こう。

モダンラブが頭から離れない。

この映画、なんてゆうんだろう。
同じ人生歩んでないのに、
まるで昔の捨てられない自分を見てるみたいで、
でもそれが辛くなくて
戻りたい、けど、戻りたくもない、
けど、やっぱりあの頃の自分好きだった。うん。やっぱ好きだった。

って、最低だった自分を肯定できる映画だった。

フランシスは、たしかにみんなが書いてるように
痛い27歳。
非モテで、自分のことばっかりで、親友依存で、サブカルっぽい雰囲気に溶け込みたくて、
そんなところにいる自分大好き!なのに馴染めてなくて、背伸びしてて、

なんだろう、、
思い出したら泣けてきた。
やっぱ、痛いときってとにかく一生懸命なんだよなー

いまの自分はあの頃みたいに目の前に一生懸命になれない。

だから、昔の自分をフランシスに重ねて褒めてあげられる映画。

フランスに一人で行ったフランシスには共感しかない。

何度も見返したい。
>|