開明獣

監視者たちの開明獣のレビュー・感想・評価

監視者たち(2013年製作の映画)
4.5
凶悪犯を追う韓国警察。監視班、分析班、検挙班
に分かれている。動物園の異名を持つ監視班の仕事は、ターゲットを尾行し確認すること。他の犯罪が起こっていようが、なにが起ころうが、任務を遂行することが求められる。

アルゴス。ギリシャ神話に出てくる100の目を持つ伝説の巨人。死角なくあらゆるところに目を配り、記憶するもの。アルゴスのようなものが求められる監視班に配属されてきた新人は、伝説の巨人どころか、マヌケな子豚だった。

証拠を残さぬ冷徹な強盗団を追う監視班。追うものと、追われるものと、時にユーモラスに、だが全体としてはテンポよく心地よいテンションを維持しながら進んでいく展開は出色に感じた。

どの役者さんも芸達者で、アクションも素晴らしい。韓国映画のクオリティの高さを改めて感じさせてくれた。

ハヤブサ、ナマケモノ、毒蛇、ダチョウ、サル、リス、モグラ、子鹿、奇妙な動物たちのいる動物園は今日も開演する。