gaaaa

ウォーリアーのgaaaaのレビュー・感想・評価

ウォーリアー(2011年製作の映画)
4.0
理屈抜きに、「見てよかった!」と思えた。どちらかといえば、男性向きの映画なのかな?
格闘技ファンは当然のこと、とにかく熱い映画が見たい!って人にオススメ。

主役二人の身体がえげつない。本当に格闘家?と思えるほどに鍛えあげられていた。

一格闘技ファンとして、トミーは打撃最強系かつ軍隊あがりということでミルコを、ブレンダンは柔術使いの頭脳系ということでノゲイラを彷彿とさせるキャラだったと言える。悪童っぽい要素を加えると、トミーはバダハリにも思えてくるし、打たれ強い面を推したいのであれば、ブレンダンは桜庭にも思えてくる。
そして、忘れてはならないのがロシアの怪物。あれは、間違いなくヒョードルがモデルでしょ。
こんな感じで、色々とk-1やプライドの選手をイメージしてしまうほど、リアルなキャラ作りだった。

ブレンダンが、苦戦しながらも一試合ずつ勝ち進む姿に涙腺が緩み、決勝戦ではその涙腺は崩壊した。笑

父親が、兄弟の複雑な関係に過剰に介入してこない面も良かった。変にかき乱していたら、ストーリーの大事な部分がぼやけていたと思う。

急激に冬らしくなった寒い夜を、熱くしてくれた映画となった。